子どもの自慰行為、見てしまった…どうしよう…

朝、6歳の長男の姿が見当たりません。部屋の中を探してみると、テーブルの陰でなにやらやっていました。

驚愕。私が見たものは・・・

ズボンの上から自分のおチンチンをこすっている息子でした。そう、それはまさしく大人の自慰行為と同じ動作。

驚くと同時に焦りました。これまでも緊張したりすると、おチンチンを触るクセのあった息子ですが、こうしてあからさまに自慰行為らしい場面を見たのは初めてでした。

しかし、私が焦る必要はなかったのです。なぜなら…

子どもの自慰行為は本来の行為とは意味合いが違う。

私には昔まだ息子が赤ちゃんだった頃、仕入れた知識がありました。

幼児のいわゆる「自慰行為」は、思春期のそれとは全く異なるもので、お母さんのオッパイを触るのが好きだったり、耳たぶや髪の毛をイジイジしたりするのと同じ「気持ちいいからやるクセ」みたいなもの。

頭の中にエロい妄想はない。単純に肩を揉んでもらって気持ちイイ~!というのと同じ快感だと。そのうち、人前ではしなくなり、成長とともに別の意味合い(本来の)を持ってくるそうです。

とはいえ、大人、とくに親からすれば、エロい意味はないと分かっていても我が子のそんな姿を見るのは複雑だったり、いたたまれない気持ちになってしまいますね。

私が「そろそろ幼稚園に行くよ」と声をかけると、はーいと素直に従う息子。少しドキドキする心を抑えながら、でも努めて平静な声で私は言いました。

「おチンチンを触ったりするのは、全然ダメじゃないんだけどね…」

汚い手で触ってしまい、局部が腫れて病院に行った親戚の子供の事例を知っていたので、まずそれは伝えました。

息子は無言でうなずきました。

性についてや、将来大人になった時にとても大切な体の部分であることなど、折を見て私の考えを伝えるよい機会だとも思いました。

お産と子育てのプロ!助産師HISAKOさんの言葉

今回の自分の体験をブログに載せたところ、たくさんの方から「うちの子どもも同じ!」とコメントをいただきました。多くのお母さんお父さんが子どもの自慰行為に直面し、戸惑ったり悩んだりしているようです。

そこで、とても参考になる記事をご紹介します。

大阪市阿倍野にある「助産院ばぶばぶ」助産師・HISAKOさんのサイトの中にある記事です。HISAKOさんは、10人のお子さんを育てるかたわら、助産院を営み、全国各地での講演や執筆活動など多岐に渡り活躍されているスーパーお母さんです。

小さな子どもの自慰と思春期以降のマスターベーションは基本的にまったく違います。

出典 http://babu-babu.org

記事の中で、HISAKOさんもおっしゃっています。

生後数ヶ月の赤ちゃんだって、自慰行為するんです!

足を交差させて太ももに力を入れたり、体全体を固くするような動きをしたりします。
 
力が入るので、赤ちゃんだと顔が真っ赤になったり、呼吸が荒くなったり、逆に呼吸が止まったように見えることがあり、まるで全身性のけいれんのような動きにママはびっくり!
 
相手は赤ちゃんだから、まさかそれが自慰行為だなんて思わないようで、たいていのママは「けいれんを起こした!」って大騒ぎです。

出典 http://babu-babu.org

病的なけいれん発作と違うのは、 意識をなくすことはなく呼びかけるとちゃんと反応することだそうです。寝かせる姿勢や向きを変えるだけで行為をしなくなることも多いとのこと。

幼児の場合には きっかけは外陰部のかゆみや炎症などだったり、ストレスを感じているときや退屈なときに ふと発見!しちゃうのですね。
 
多くの場合、小学校に入る6歳ぐらいには人前ではしなくなります。学童以降も基本的には幼児と同じようなことですが、 年齢を重ねるごとに自然に性的な意味合いが出てきます。

とはいえ、自慰自体は自然な行為。 強く叱ったりして性に対する罪悪感や強いタブー感を植えつけないように気をつけて接してあげてくださいね。

可能ならば、 性に関して子どもに少しお話をしてあげられると最高です。そのときは、自慰は人前でしないように言ってあげましょう。

出典 http://babu-babu.org

自然な行為、決して後ろめたいことでも悪いことでもないんですよね。

自分に向き合う。それって素敵なこと。

「自分のからだは自分のもの。自分のからだのどこをさわれば気持ちいいかを知っていく」

一生付き合っていく自分の身体なんですもの。 「自分に向き合う」という行為、それってとてもナチュラルだし、 素敵なことだと思いませんか?

出典 http://babu-babu.org

うちの子たち9人(当時)も、幼いときに一時期自慰がありました。3人目ぐらいまでは不安を感じたこともありましたが とくに大人が何か対策をしたわけでもなく気がつくとみんな人前ではしなくなっていました。それが正常な発達。 健全な子どもの姿です。

子育ても5人目以降にもなると自慰を見つけると

お!来たね!
自分の身体開発隊、がんばれーーー!

大汗かいて踏ん張る姿に微笑ましさを感じるようになり やめさせるどころか心の中で応援です。(笑)

出典 http://babu-babu.org

出産・子育てのプロが、暖かく応援すればいい!の言葉。デリケートな話題だけに、おおいにホッとしますね。

心と身体の健全なバランス。自慰行為は日常のひとつ。

自慰行為はけっして恥ずかしい行為でもなく、特別な行為でもなく、まちがった行為でも、いやらしい行為でもありません。
 
健康な女性なら誰でも行う、ごく普通の日常的な行為の一つです。大人になるにつれ、マスターベーションによるオーガズムがもたらす心と身体の作用は、 単純に「気持ちいい!」といった快感レベルの世界ではなく、もっともっと深く心と身体のバランスをとり健全にしてくれる「癒し」のようなものに変化していきます。

普段、子育てに明け暮れ悩み事が多くて頭ばかりを使ってしまっているママにとって オーガズムを迎える瞬間は、一切の雑念を手放す瞬間でもあります。 頭の中が一度リセットされ、スッキリする効果があるのです。

頭で色々なことを考え、心に不安を蓄積してしまっているときこそ、 自分とのコミュニケーションが必要。まずはマスターベーションを通して、大切な心と身体、リセットしてあげましょう!

出典 http://babu-babu.org

自分の身体を知ることは、自分をより大切にできる。HISAKOさんの記事を読み、そう感じました。

子ども自慰行為を見てしまった!と焦ったことから始まりましたが、自分の身体についても振り返ることができ、今回のことはとてもよい機会を与えてもらったのだなと思います。

これから、私と同じような場面に直面するかもしれない、お母さんお父さんの参考になれば幸いです。

もし直面したら、暖かく、ほほえましく、そっとガンバレ!と応援してあげられるとよいですね。





ちなみに、息子が何をみながら自慰行為にふけっていたかというと・・・

恐竜図鑑でした・・・(笑)。

この記事を書いたユーザー

中村こてつ このユーザーの他の記事を見る

男の子きょうだい育児中のイラスト描き母さん・中村小鉄です。
日々の育児の楽しさ・悲しさ・切なさ・刹那さ、などを絵日記にて綴っているブログを書いています。ブログ「じごんすからのぞけば。」http://ameblo.jp/unkotetsu/

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス