記事提供:心身調律セラピスト 岡田哲也のブログ

※2015年4月の記事を再アップです

【運命は自分で決められることが科学的に判明】こちらから

こういう記事がたくさんシェアされる時代になったんだなーと思うと、不思議な感じです。最近はどんどん科学とスピリチュアルが融合していってますよね。※解説は理論的で長いんで、適当に読んだらいいと思います。

で…

じゃあなぜ私は思い通りにならないの?』という方からの質問に、どれだけ簡潔に答えられるか?が大切だなーと思います。

個人的な答えは、『そうだとわかっていることと、『そう思い込もうとすることの違いです。

今うちは月収何百万になってますが、【気持ち良く使うと気持ち良く入ってきてお金は廻る】と【わかってる】のでただそうなってます。

別に『私はお金に満たされてまーす!』と叫んだりしてません。単に普通にそうなだけです。

今日は京都から神戸に移動して、全室スイートルームのホテルに泊まってます。

なぜそこを選んだか?と言うと、単に気持ちいい感じがしたからです。

ホテルの選択において、わざわざ冒頭に出てたような運命って言葉を使わなくてもいいのですが、

今実践してるのは、自分で自分の世界の選択基準を【気持ちいいもの】において、意識的に選んでるだけです。

これは単に人それぞれ現実生成の度合いとパターンが違うだけで、【全員がそれぞれ自分の思い通りの現実を作ってる】という点では、誰でも同じなんですよね

【一生懸命嫌な仕事を頑張って残業したらお金が入る】と【わかってる】人は、その通りの現実を作ってますし、

【旦那とラブラブしてたらぜーんぶ上手くいくのよ♡】と【わかってる】人はそうなってるってことなんです。

で、『もう今までのようなしんどい世界を選んでいくのは嫌なんだけど、じゃあどうするのさ?』というところなんですが、私自身がやってきた順序で言うとこうなります。

何を選ぶか決める

・べきべき、自己犠牲、我慢、常識での選択から、気持ち良さなどの感覚選択や直感で選んでいく

※料金、社会的なブランド、正しいから、などの選択はしない



やる!

※自己啓発のように【成功者のフリ】は一切しません。それをすると、それが自然に出来ると思い込もうとして言葉を唱え続け、口角を上げ続ける気持ち悪い人になります。

※実践してみると必ず落ち着かないしいたたまれないので、その自分の状態をちゃんと感じる。

その上でその後に起こる出来事や周りの反発も引っくるめて、周りを変えようとしない事。



慣れてくると、楽しい感覚と落ち着かない感覚のどちらも感じている自分をそのまま楽しめるようになっていく。



繰り返していくに従って、だんだんと自分の選択基準が【自然に】最初に実行した基準に変化していく。

つまりは、『そう出来るとわかってる』という感覚になります。

こんな感じですね。

冒頭リンクのややこしい話は、『そう見るとそうなる』という文章に凝縮されますが、それが【自分が周りの現実を生成している】ということです。

ちなみに、今回の関西旅行ではグリーン車新幹線で素敵なホテルに泊まりましたが、一昨年お金のブロックに向き合うことを決めた当時は、まだ東京から大阪まで夜行バスで行ってましたし、バックパッカー宿やカプセルホテルによく泊まってました。

私自身がお金については両親から『普通が一番よ』『うちはお金無いのよ』とさんざん聞かされて育ってきていたので、なかなか時間がかかりましたし練習もたくさんしました。

でも内観を始めてからトータル5年ほどで今の状態になってるので、これは出来るところから実践していったら誰でも感覚をつかめると思います。

ちなみにこの記事に嫉妬したり羨ましがってる人こそ、本当はそうしたがってるし、そうなれる自分を投影してます。

本音ではそうしたいし、やりたいなという方は、ご自分で実践していってみてくださいね。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス