パンに添えるものといえば、バターやオリーブオイル・岩塩をちょっとつけて前菜代わりにしたりと、パンのお供といえばオイルが中心ですよね。

そんな中、オーストラリアで代わったシーズニングを発見。とあるレストランで出逢ったパンのお供。これがクセになる美味しさなんです!

出典筆者撮影

右端から、塩・オリーブオイル・そして粉のようなもの。アーモンドプードルを思い出させるようなの感じにナッツの香ばしさと、ところどころカリっとした歯応え。

香りはヘーゼルナッツなオイリーで、カレーのようなスパイス。食べすすめるとクセになるシーズニング、いったいこれは何!?

中東発祥のシーズニング「デュカ」

何世紀も前に中東地域において誕生。ローストしたヘーゼルナッツ、白ゴマ、コリアンダー、クミン、食塩、島唐辛子などがベースとなる組み合わせで、これを一緒にして粗めに挽いたものです。鶏肉や野菜の料理にふりかけたり、パンをオリーブオイルにつけたあと、まぶして食したりします。

出典 http://www.webgrandchef.com

「デュカ」という、パンにつけて食べるナッツとスパイスとのミックス。国によって様々あるレシピで、ナッツ類・スパイス類の種類も違います。塩分や砂糖を入れる場合もあり、ナッツの挽き具合も国によって異なるようです。

多彩の国柄が揃うオーストラリアではここ数年ほどブームのようで、レストランや家庭でも浸透しているとか。


食べ方はそのままパンにつけても良いのですが、ぽろぽろをこぼれてしまうのでオリーブオイルを付けます。オリーブオイルをつけたパンにデュカを付けてパクリ。


香ばしい香りとスパイシーさが、まさにおつまみ向き!赤ワインのお供に最高なんです!


香ばしいナッツとスパイスがくせになる中東発祥の「デュカ」

ローストしたナッツ類、ゴマ、スパイスをブレンドした中東発祥のミックススパイスです。エクストラバージンオリーブオイルに浸したパンをデュカにつければ、ちょっとしたおつまみに大変身。

デュカ大さじ1に対して、エキストラバージンオリーブオイル大さじ2を混ぜてパンにつけてお召し上がりください。サラダやスープのトッピングなど、さまざまな料理のアレンジにもご利用いただけます。

出典 http://www.kaldi.co.jp

実際にどうやって作るのか、市販されているのか調べてみました。海外製品を多数扱うご存知カルディや、スパイスといえばのエスビーでも存在していることが分かりました!

実際、筆者も作成してみました。無塩のナッツやスパイスを使用したオリジナル「デュカ」。


塩分も使用していないので、ナッツの上質のオイルを摂取できるヘルシーなおつまみとしていかがでしょうか。

デュカ風ミックスナッツスパイス

出典筆者撮影

無塩ミックスナッツを使用しています。

【材料4人分】
無塩ミックスナッツ   80g
白ごま         大さじ1
Aクミンパウダー    小さじ1/2
Aガラムマサラ     小さじ1/4
Aコリアンダーパウダー 小さじ1/4
Aフェヌグリークパウダー小さじ1/4

フェヌグリークは無くても可。

【作り方】

1 ミックスナッツとごまをフードプロセッサーでミックスする。 少し食感が残る程度に。

出典筆者撮影


2  ①にAを混ぜ合わせてできあがり。

ぜひ、オリーブオイルを一緒に添えて赤ワインのお供に。いつもと変わったおつまみをぜひ試してみてくださいね!

旅先で出会った、パンのシーズニング。
「デュカ」というもの、らしいです。
トカじゃなかった。toker
Estateだったから…
帰国してからすぐに作りたいと思って、主人と食べながらあれが足りないこれが足りない。

この記事を書いたユーザー

紀子 このユーザーの他の記事を見る

JSA認定ワインエキスパート
少人数制ワインサロン主宰
ワインライフを豊かにするコツをブログとサロンで発信中。
ワインタイプ別(スパークリング・白・ロゼ・赤)におつまみを創作しブログに綴っています。
ブログ:http://ameblo.jp/norikostyle2/

得意ジャンル
  • グルメ
  • 料理
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス