出典shutterstock

よく、女子トイレの前では行列ができていますよね。でも、男子トイレの前に行列なんてありません。それで、女性なら誰しも、ガラ空きの男子トイレをうらめしく横目で見つつ順番を待ったことがあるはず!
女子トイレは、男子トイレより多めに作るべきだと思いませんか?
トイレで化粧やらなんやら、やることが多いのは、明らかに女性サイド。なのに、なぜトイレの数や広さは男女同じになっているんでしょうか。今回は、この不思議を解明していきたいと思います。

■実はお役所が決めていたトイレの数

まず、トイレの数については、厚生労働省令である「事務所衛生基準規則」で事務所のトイレについては設置数が決められています。
ざっくり書くと、“男女ともに20人に1つ”が基準です。少ないですよね……。40人で2つ、60人で3つ、80人で4つ、100人で5つ、という感じですから……。
男女ともに20人に1つですが、細かくはこう決まっています。
(1)トイレは、男女別に設置すること
(2)女性トイレは、20人に1つ以上設置すること
(3)男性トイレは、60人に1つ以上大便器を設置すること
(4)男性トイレは、30人に1つ以上小便器を設置すること
男性の(3)と(4)がやや分かりにくいですが、合わせて整理するとこうなります。女性60人→トイレは3つ以上。男性60人→トイレの大便器は1、小便器は2(計3つ)以上。
このような条件で、男女ともに20人に1つとなります。それで女子トイレだけ増やす、ということができないのです。窮屈な法律ですよね……。

■女性は男性の3倍も時間がかかる!

次に、トイレの使用時間について。これは、調査によって差があります。しかし、例えば「男性40秒に対して女性2分」など、いずれも“女性は男性の約3倍程度かかる”という結果になっています。
要するに、使用時間は3倍かかるのに、トイレの数は法律で同じになっている、ということ。
これが男性トイレは空いているのに、女性用だけが大渋滞の理由です。法律も完璧じゃないので、こういった不平等が生まれてしまうんですよね。
そのため、私たち女性は、もっと声をあげて「たくさん作って! 同じ数でいいわけないでしょ~」と声をあげるべきなのかもしれません。
そうじゃないと、いつまで経ってもどこに行っても女子トイレの前で行列ができていることになります。今の3倍、これが私たちの目標です。
(文/シール坊)

この記事を書いたユーザー

Suzie編集部 このユーザーの他の記事を見る

女性が「こんなの知らなかった」と思える、数字のお話をお伝えしていくWebメディア。お金や時間の記事を中心に、カロリー、給料、残業、IQ、慰謝料、体温、人数などの数字トリビア記事を配信中。普段気付かない、意外な発見と驚きの数字が満載です。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス