明治から続く老舗の紙店、満寿屋の原稿用紙は川端康成、三島由紀夫など名だたる文豪たちに愛されてきました。
パソコンでの執筆が主流になった今でも手書き派の浅田次郎さんは満寿屋の原稿用紙を愛用されています。

いつしか「文学賞がとれる原稿用紙」という神話まで生まれ、文章を書く人なら一度は使ってみたい憧れの商品になっています。

小説家に依頼された原稿用紙づくり

満寿屋は明治15年「川口商店」としてスタート。この頃は手漉き和紙の進物用砂糖袋を中心に営業していましたが、第二次大戦に向かうと砂糖が統制され、厳しい状況にさらされることになります。

そんな中、後の三代目が作家の丹羽文雄に出会い、物資不足から原稿用紙が手に入らない作家たちのために原稿用紙を作ってほしいと依頼されます。これを受けて満寿屋は一から原稿用紙づくりをはじめたのです。

満寿屋のクリーム紙ができるまで

出典 http://yamadastationery.jp

浅田次郎氏も愛用するK3。ルビのない横長の升目、クリーム紙に朱色の罫線が映える人気商品。

当初は既製品の紙を取り寄せて原稿用紙を作っていましたが、第一次オイルショックで紙の入手が困難になります。これを機に紙を見直すことになり、満寿屋オリジナルの紙を開発することを決意します。

万年筆の筆記に適した紙を目標に、製紙会社と力を合わせて様々メーカーのインクを使ってテストを繰り返し、完成したのが満寿屋オリジナルのクリーム紙です。

書き味はもちろんのこと、色はライトの照り返しで目に負担をかけないクリーム色が採用されています。

様々な種類の原稿用紙

出典 http://www.kakimori.com

最近はよく見かけるB4サイズより小ぶりなB5サイズがよく売れているそう。狭いテーブルの上でもレポートパッドのようにサッと書けるのが良いですね。

一般に原稿用紙は400字詰ですが、満寿屋では作家の要望に答えて多様な種類の原稿用紙をオーダーメイドで作ってきました。

そこで培ってきたことを活かし、満寿屋には現在、200字詰、300字詰、罫線の色違いなど28種類もの定番商品が揃っています。障子マスと呼ばれるルビ罫のない原稿用紙を最初に作ったのも満寿屋なのだそうです。

名前入りの原稿用紙もオーダーできる

プロ作家のように名前の入った自分専用の原稿用紙をオーダーすることもできます。6種類の書体のほかにサインやロゴも入れられます。

既製品の名入れはB5版20セットで25,000円から。追加料金でフルオーダーにも対応しています。

満寿屋の原稿用紙はインクの吸い込みが良いのに裏抜けすることがなく、書き心地に定評があります。文豪たちのご利益にあやかれば名文が降りてくるかも。

この記事を書いたユーザー

華蓮 このユーザーの他の記事を見る

子供の頃から不思議なものを見つけたら調べずにはいられない性格。ちょっと恥ずかしがり屋なのはご愛嬌。一般の人が知らない「面白い」を探すのが私の喜びです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス