記事提供:しらべぇ

「安くて美味い」を謳う飲食店は少なくありませんが、本当にその謳い文句に納得できるお店はそう多くはないと言ってよいでしょう。たとえば、安さにはそれなりの理由があり、食材の質が犠牲になることも少なくないからです。

特に、都心部ではテナント料と人件費の高さからそれを実現することはより困難と言えます。しかしながら、ほんのわずかですが本当に「安くて美味い」店が存在するのも事実。

本記事では、必ず訪れたくなる大阪・東京の激安居酒屋をご紹介します。

◆宴会コースが10品で1480円!大丈夫か!?

高級中華料理の味を激安で!安すぎてギャップ萌えする居酒屋って?

最初に紹介するのが東京・神田にある中華料理屋「鶴亀」

こちらのウリは、なんと言っても10品1480円~の宴会コース。

また、単品料理はニラ玉が370円、ホルモン炒めが450円など、ほとんどが500円以内。チューハイも300円代で提供されているので、1000円で気持よく酔うことができます。これで味も文句なしなのだから行かない理由がありません。

◆牡蠣、ステーキが100円!

都内には、なんと一品100円の居酒屋がいくつか存在します。たとえば、東京・秋葉原の「百飲」。ここはお刺身、唐揚げ、生しらすがなんと100円で提供されています。

西巣鴨の「SHOWA」は、なんと牡蠣やステーキが100円で食べることができます。「激安」を謳う居酒屋は数あれど、ここまで安いお店はそう多くはないでしょう。

◆大阪の激安居酒屋は味・量ともに妥協なし!

大阪・新世界に店を構える「酒の穴」も外せないスポット。具沢山でボリューミーなこちらの八宝菜はなんと200円!つまみとお酒を含めて2000円もあればお腹も膨れてほろ酔い気分に浸れます。

店のすぐ近くには西日本最大のドヤ街・釜ヶ崎があります。日雇い労働者を多く抱える場所だからこそ生まれた激安居酒屋と言ってよいでしょう。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス