「あぁ帰ってきたな…」とホッと安心できる自分の育った場所の食べ物。皆さんにもそんな「ソウルフード」がきっとあることでしょう。どの県にも存在する、県民の愛する食べ物も、場所が変わると手に入らない逸品になっていたりします。


静岡にもそんなソウルフードの一つがあります。それが「黒はんぺん」。ご存知でしょうか?

栄養たっぷりの「黒はんぺん」

「黒はんぺん」とは静岡中部・焼津市を中心とした県民に定着されているソウルフードです。通常の白いはんぺんと姿形・味わいが全く異なります。イワシやサバなどの魚を丸ごと練りこんで作られ、半月型をしています。

県民の中には、白いはんぺんは食卓に上がらない…もしくは白いはんぺんを食べたことがないという人さえ珍しくないほど、 はんぺん」=「黒はんぺん」のイメージが強いのです!

魚をそのまま味わえる、うまみがたっぷり!魚丸ごとで作られているため、カルシウム・ミネラル・鉄分・ ビタミン・DHA・EPAが含まれます。

そんな健康的にも良い黒はんぺんのおすすめの食べ方をご紹介します。

生で

出典 http://www.kamakiku.com

生といえども、店頭に並んでいる状態は「茹で」の状態です。お刺身感覚で醤油をつけたり、静岡名物のわさび漬けをちょっと付けてお酒のあてにも最高です。

焼いて

出典 http://www.manabiya.co.jp

フライパンはグリルで香ばしい焼き色を付けて、生姜醤油で頂くのも美味しい食べ方です。

フライに

出典筆者撮影

家庭では、よくはんぺんのフライが定番!衣をつけてあげれば、サクサクの食感と食べ応えのあるはんぺんの旨味の味わいに悶絶!フライ調理は人気も高く、ビールにもぴったりです。

おでんに

出典 https://www.asahibeer.co.jp

静岡のおでんといえば、黒はんぺんはかかせません。鰹節と青のりの混ざった出汁粉をつけていただきます。黒はんぺんの無いしずおかおでんは、ありえません!

いかがでしたか?誰しも心にはソウルフードがあります。静岡に訪れた際には、ぜひそんな地元の食べ物を食べてみてくださいね!


この記事を書いたユーザー

紀子 このユーザーの他の記事を見る

JSA認定ワインエキスパート
少人数制ワインサロン主宰
ワインライフを豊かにするコツをブログとサロンで発信中。
ワインタイプ別(スパークリング・白・ロゼ・赤)におつまみを創作しブログに綴っています。
ブログ:http://ameblo.jp/norikostyle2/

得意ジャンル
  • グルメ
  • 料理
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス