●ヨーロッパで行われた「Sushi Fest」の広告

ヨーロッパ初の開催となった寿司の祭典「Sushi Fest」で、雑誌を使用した告知広告が非常に斬新で面白いと話題になっています。

出典 https://vimeo.com

まず初めに巻き簾を敷きます

出典 https://vimeo.com

おもむろに置いた一冊の雑誌

出典 https://vimeo.com

この雑誌、裏面に海苔のプリントしていますw

出典 https://vimeo.com

するとなんと!この雑誌を巻き始めましたw

出典 https://vimeo.com

かなり綺麗に巻けていますね!

出典 https://vimeo.com

仕上げに紙を付けて…

出典 https://vimeo.com

一丁上がり!もう、巻き寿司にしか見えないw

●イベントに合った告知方法を…

出典 https://vimeo.com

伝統的な寿司の祭典である「Sushi Fest」に適した形でこのイベントを告知できないかと考えたんですね

出典 https://vimeo.com

その名も”Sushi Roll Magazine”かなり斬新な発想です!

Sushi Magazine

出典 Vimeo

外国人ならではの斬新な発想かもしれませんね

●ヨーロッパの寿司ブーム

ユネスコ無形文化遺産に登録された「和食」の代表的な料理「寿司」。その人気はヨーロッパでも加熱していて、フランスやイギリスだけでも1000件以上もの寿司屋があるそう。

また2013年、2014年と2年続けてジェトロ(日本貿易振興機構)が海外の消費者を対象に「日本の食品」調査結果によると、寿司ネタ一番人気は「鮭」とのことです。

いずれの調査でも「好きな日本料理メニュー」のトップは「寿司・刺身」。「和食」の代名詞とも言えるメニューの人気からも日本食の浸透度が伺える。もっとも人気のネタとなるとやはり海外ではサーモンが強く、多くの国でマグロを上回る支持率となっている。

出典 http://news.livedoor.com

日本の伝統的な料理「寿司」。近年の日本食ブームにより、日本を飛び越え世界中で愛されていると言っても過言ではありません。今回紹介した「Sushi Roll Magazine」のように、伝統的なものを新たな視点でとらえて、驚きの発想を生み出すことの素晴らしさを感じました!

この記事を書いたユーザー

asiaman このユーザーの他の記事を見る

ネットニュースなどを中心にライターとして活動中。プラチナライターとして記事を執筆させていただいております。もしよければほかの記事もご覧ください。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス