戦後70年を迎え、過去の映像などを見る機会も増えました。妙に懐かしいその映像を観ているうちに、おばあちゃんも、おかあさんも使っていて、いまだに販売され続けロングセラーになっている商品があることに気がつきました。

調べてみると、色んな効能があるのです。

昭和25年生まれの、マダムジュジュ!

出典 http://www.showanavi.jp

パックに使う方が多いのです。

 ジュジュ化粧品は、卵の黄身に含まれている皮脂に類似した天然補油成分「卵黄リポイド」の抽出に成功。昭和25年(1950年)9月この成分を配合した年齢肌用クリーム「マダムジュジュ」を発売しました。

 真珠のような光沢と、コックリとした感触、すべるような肌なじみ。商品のコンセプトは、エイジングケアという概念を先取りした、「25才からのお肌にうるおいを与える奥さまのためのクリーム」でした。

出典 http://www.juju.co.jp

25歳以下の方は、お使いになってはいけません!

出典 http://www.juju.co.jp

宝塚スターの小暮美千代さんを広告にしていました。

家族の歴史の匂いですね!

レトロな匂いをかいでみたいですね!

パック効果絶大!

 発売され、爆発的ヒットになったとき『百年化粧品』といわれたという。同社は「固定ファンもいますし、あともう半世紀は作り続けますよ」と愛用者をほっとさせる。
 母から娘に、娘から孫にと受け継がれてきた二〇世紀の化粧品、マダムジュジュ。二一世紀も、安心と安全の基本理念の基で、消費者にロングセラーを提供し続けて行くのだろう。

出典 http://www.maboroshi-ch.com

大正3年発売のヘチマコロン!

出典 http://www.showanavi.jp

初めてのスキンケアに使う方が多いです。

この国で古くから、美顔化粧水として知られていたヘチマ水。
江戸時代の本草学者、小野蘭山が記した「本草網目啓蒙」の中でも、それは『俗ニ美人水 ト伝』と紹介されています。ヘチマコロンのヘチマ水は鳥海山のふもと、日本に数えるほどしかないと言われる山の伏流水(地中で自然にろ過されたき れいなミネラル水)が流れるヘチマ畑で採水されています。

出典 http://www.hechima.com

1987年広告で消費者のためになった 広告コンクール・優秀賞

出典 http://www.hechima.com

レトロな素敵な広告です。

竹久夢二作のヘチマコロンの唄

出典 http://www.hechima.com

落ち着く匂いです。

初めての化粧品がヘチマコロンという方多いですよね。

三代使用が続くヘチマコロン!

普通のお肌を、希望のお肌に進化させるなら、ヘチマコロンでしょう。愛されて100年。女性が社会に進出し、希望に燃え、キレイに憧れた時、そこにはずっとヘチマコロンがあったのです。大正、昭和、平成、時代が変わり、意識が変わり、環境が変わっても、キレイを求めてやまない女性がいる限り、その希望を実現させる“明日の化粧水”であり続けます。これまでも、これからも、ずっと先も。

出典 http://www.hechima.com

昭和9年発売のロゼット洗顔パスタ!

出典 http://www.showanavi.jp

ニキビ肌の洗顔として使う方が多いです。

1929年に日本初のクリーム状洗顔料を発売したロゼットが誇るロングセラー洗顔料のブランド。肌悩みに合わせたキメ細かなパウダーを練り込み、豊かな泡立ちと洗い上がりの独特の使用感が特長です。

出典 https://rosette.jp

レトロで素敵な広告です!

出典 http://www.rosette.jp

ニキビ肌にはとても良いと昔から言われてるんです!

くすみにも、いいんですね!

毛穴退治にもいいんです!

1951年に「ロゼット洗顔パスタ」と命名し、親子三代に渡ってご愛用下さる方もいらっしゃるほど愛され続けるロングセラー商品に。

「肌の悩みを解決したい」という想いから、温泉成分であるイオウの効果に着目。固形石鹸しかなかった時代に、微細なパウダーを練りこむ独自製法を開発しました。

出典 https://rosette.jp

物心ついたころから、見慣れているこれらのコスメの数々。お母さんの三面鏡の思い出と共に、昭和の優しい化粧品たちです。

長年愛されている商品は信頼感はもちろんのこと、親子で、家族全員で使えるという成分の優しさや、ノスタルジックな気分に浸れる香りやパッケージなど、「安心して使える」というのが魅力です。

今なお、愛され続けているのは、根強いファンと安心して使える成分からできているからです。

この記事を書いたユーザー

うー このユーザーの他の記事を見る

東京が好きで、昭和が好きで、古い日本のドラマも好きで、カフェが好き。
忘れられかけている遠い記憶のことを掘り起こしています。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス