記事提供:まぐまぐニュース!

海外在住の日本人たちが、その土地ならではのユニークな話題を伝えてくれる無料メルマガ『出たっきり邦人【欧州編】』。今回は、ドイツ・ミュンヘン在住のKOKOLIさんが、現地の娯楽のひとつであるサウナでの出来事をレポートしてくれました。

実は、海外にも日本と同じような「裸の付き合い」があるってご存知でしたか?

ドイツ・ミュンヘン発「フィンランド式サウナ」

私のドイツの生活圏には、どこにも空調がありません

ドイツで自宅に冷房を設置している知り合いも、一人もいません。今まで働いたオフィスに冷房が付いていたのは、あるドイツの広告代理店のみです。

湿度が高くないので、多少気温が高い日があっても日本の夏よりは過ごし易いと思いますし、合計すると数日間の真夏日だけのために冷房を設置することはなく、どうしても暑い日は扇風機を付けるというのが普通です。

今年は稀な猛暑の夏で、7月に入る前から真夏日が延々と続いていました。時折涼しくなってもまた猛暑が続き、36度に達する日も多くありました。

個人的に夏は夏らしい方が好きとは言え、自宅は最上階で暑さがこもりやすいフラットです。さすがに暑くて眠れない日々が続き、まいりました。

オフィスでも猛暑の日には日中汗がたらたらで、仕事では集中力が続かず、扇風機を借りてきてブンブン回しながらしのいでいました。

ところが先日、一気に涼しくなって、この2~3日間は18度の気温。先週までの猛暑から一転し、ウスラ寒くなってしまいました。

さて、相方くんが週末に繋いで2日間の有給を取りました。

昨日は20度に満たない肌寒い気温に、午後は小雨との天気予報。先週までの猛暑で夏バテ気味だった私たちは、ウエルネス・ディをしようということになり、久しぶりにサウナに入ってきました。

フィンランド式サウナは日本でどのくらい浸透しているのでしょうか。ドイツに来て初めてフィンランド式サウナに入り、以来、気に入っていますが、日本ではスーパー銭湯でスチームサウナはあっても、フィンランド式のサウナを見たことはありません。

昨日行ったのはミュンヘン郊外の屋内外プールウエルネス・ゾーン合体した施設です。27ユーロの一日料金を支払い、ロッカールームに行き、ここでスッポンポンにバス・ローブをまとい、バスタオルを持ってウエルネス・ゾーンへ。

まずシャワーを軽く浴びてから各種サウナ・ゾーンへ。フィンランド式サウナは95~85度まで各部屋が温度別に分かれていて、さらにスチームサウナ等もあり、全部で10種類のサウナが楽しめます。

そして90度以上のフィンランド式サウナではAufguss(アウフグス)と呼ばれるちょっとしたセレモニーが行われます。

フィンランド式サウナでのお楽しみ「アウフグス」とは?

各サウナ施設には必ずAufgussplan(アウフグスプラン)という時間表があり、何時にどこのサウナ室でアウフグスが行われるかチェック出来ます。サウナはこのアウフグス時間に合わせて入る人が大半です。

アウフグスにはSaunameister(サウナ・マイスター)と呼ばれる施設の人が、水の入った桶と旗とバスタオルを持ってやって来ます。

そして「アウフグス中」という札がドアノブに下げられると、外部からはサウナ室には入らないというルールがあります。発生する熱がドアから外に出ないようにです。

水は精油入りで、たいていFichte(フィヒテ)と呼ばれる針葉樹のトウヒやドイツ語でEukalyptus(オイカリプトス)と呼ばれるユーカリ、Zeder(ツェダー)というヒマラヤスギなどのウッド系が多いのですが、

昨日はザクロとライムとトウヒのミックスというのがあり、なかなか素敵な香りでした。

サウナ・マイスターは自分の名前と挨拶を述べ、何の精油入りかを説明します。サウナ室の中央に焼けた石が乗せられたスペースがあり、その焼けた石水をかけます

一気に沢山の蒸気が発生し、サウナ室が更に熱くなって来たところで、サウナ・マイスターは旗をくるくると回し、熱気をサウナ室の隅まで行き渡らせ、その後バスタオルでサウナ客に熱風を吹き付けるのです。

この熱風がすご~く熱い!

それを2~3回繰り返します。アウフグスが終わるころにはもう汗ビッショリ。サウナ・マイスターがサウナ室を出て行くと同時に、ほとんどの客も熱さに耐えかねて出て行きます。

サウナから出た後、風邪を引かないように冷水を頭からかぶり、一気に毛穴を縮めるのですが、これがも~冷たいのなんのって。

その後はリクライニングチェアの並ぶリラックスルームで水分を補給しながら本を読んだり、ただただリラックス。

このサウナ→リラックスを3回くらい繰り返し、途中、施設にあるレストランで食事をして、最後に塩水プールで泳いでから帰宅しました。

リラックス効果か昨晩は睡眠も深く、朝までぐっすり。なんだかお肌の血行が良くツルツルになっています。

スッポンポンに抵抗がまったくないドイツ人

こちらのサウナで日本人に馴染めないのは、男女混浴ということではないでしょうか。サウナ室ではタオルもまとわないので、スッポンポンの老若男女が座っています。

ドイツ人は裸になることに抵抗がないお国柄で、ミュンヘンを流れるイザー川の畔などでは夏になると裸の男性や女性が日光浴をしていたりします。

あるサウナで、会社の同僚グループ男女合わせて7~8人がスッポンポン仕事や会社の話をしていたのに遭遇。

う~~ん、私はドイツの混浴サウナで裸になることに抵抗はありませんが…さすがに異性の同僚たちや異性の友人たちとはサウナは抵抗感があり、これは私の人生ではあり得ないでしょうね~。

ではまた次回までCiao! (ミュンヘン KOKOLI)

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス