大掃除は年末するものと決めてかかっているあなたに、実は秋の今だからこそ、すぐ大掃除をすべき理由があるんです。ダニ対策や油汚れ、悪化する前に今が肝心です。

1. 気温が高い

まずはなんといっても油汚れ。油は気温が下がると固まってより落ちにくくなります。今年の夏も暑かったのでだいぶ汚れも緩んでいます。まだ暖かさの残る秋の内にキッチン周りを掃除した方が汚れが落ちやすいのです。油汚れは3カ月で固まるので今のうちです。

また年末には気温が下がるので、アウターを着て大掃除してる人も見かけます。寒い中の掃除はつらいですよね。まだ暖かいからこそ、庭仕事や物置の整理、網戸を洗って干すなどの外作業は今のうちがオススメ。同時にすぐ乾く今だからこそ、掃除機やクイックルワイパーで普段掃除している方も、一度はしっかり水拭きを。

2. まだ日が長い。

だいぶ日が短くなってきたとはいえまだ秋。明るいうちに掃除を済ませるためにも冬が来る前に掃除しておいた方が良さそうです。カーテンを洗って干すにも日が長いうちに洗っておきたいですね。

3. ライフスタイルの変化

共働き家庭が増え、年末奥さんが掃除しているのを「手伝えば」いい時代は終わりです。業種によっては年末ぎりぎりまで仕事の人もいますよね。また12月は平日は飲み会も増え、子供がいれば休日はクリスマスパーティに呼んだりお呼ばれしたり、と意外とまとまった掃除の時間が取れません。今大掃除しておけば、年末慌てずに済むのです。

4.秋はハウスダストがいっぱい

ダニやカビが急激に増えるのは梅雨時から夏。その結果、室内にたまったダニの死骸が秋にほこりと一緒に空中に飛散して、ぜんそく発作などの原因となる。

出典 http://www.sankei.com

夏の間に繁殖した虫やダニの糞が秋にピークを迎えるそうです。今までは寒い冬は越せないと思われていた虫も、高断熱・高気密住宅が増え冬でも湿度も高く虫は減らないんだとか。秋のうちに掃除しておく必要があるんですね。アレルギーがある方、小さいお子さんがいる方は特に気をつけたい点です。

5. 窓ふきも秋がオススメ

湿度が高いほうが簡単に汚れを落とせます。湿気が汚れを浮かし、洗剤をつけた後も乾きにくいからです。ガラスの汚れがよく目立ので午前中がオススメ。日が高く上ってしまうとガラスに日光が反射して汚れが見えにくくなりふき残しの原因になります。いっぺん秋に磨いておけば、大掃除には乾いた布で軽くふくだけできれいになります

出典 http://mykaji.kao.com

窓ふきは気分的に年末にしたい人も多いと思いますが、一度しっかり綺麗にしておけば年末が楽になりますね。汚れが落ちやすく、見つけやすく、乾きやすい今、家中の窓を磨いておきたい所です。

6.エアコン・扇風機の掃除は今!

エアコンのフィルターの掃除はシーズン終わりとシーズン前にするのが良いそうです。汚れたままだと暖房効率も悪くなりますし、アレルギーの原因にもなります。暖房を使用する前に一度掃除しておく必要がありますので、寒くなって急いでフィルター掃除しても日中のうちに乾かない可能性もあるので、まだの方は今のうちです。

扇風機をまだしまってない方は暖房のシーズンが来る前に、掃除してしまってしまいましょう。サーキュレーター代わりに出しっぱなしの人も、乾きやすい今のうちに一度は綺麗にしておきましょう。

7.業者も年末は埋まってる。

業者に頼むからいいという人もいるかもしれませんが、年末は同じように考える人も多く、予約がすぐに埋まります。比較的利用者が少ない秋は割引キャンペーンをやっている業者もありますので、早めに利用した方が賢そうですね

やっぱり大掃除は年末まで何もしたくない人は・・・

そうはいっても大掃除なんか年末までしたくない!という方も、衣替えや秋物の洋服の購入を機に、とりあえず整理・整頓・ゴミ捨てだけでもしておきましょう。すぐに掃除に入れる下準備になります。できれば、今のうちから少しずつ始めておけば年末ぐっと楽になりますよ。

この記事を書いたユーザー

さくラブ このユーザーの他の記事を見る

美容やファッション大好きな1児のママです。
忙しくても毎日綺麗にしていたい、可愛くなりたいをモットーにしています。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス