どんな薬でも治せないのが恋の病…。ましてや、片想いの相手のタイプが自分とかけ離れていて全然違うと知ったらとってもショックですよね。でも、恋の逆転はあり得るもの。私なんかタイプじゃないから無理なんて決めつけずに、彼のハートを引き寄せるコツを掴んで、恋を成就させちゃいましょう♡

片想いの相手のタイプが自分とかけ離れていた…

片思いの彼の好きなタイプがわたしと見事なまでに180度違いました_| ̄|○好きなタイプに近づけるよう努力はします。でも何もかもが違うので限界があります。

出典 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

限界、と自分で決めつけたくなる気持ち、分かります…。

好きな男の人に片思い中なのですが、その人の好きな女の子のタイプと自分の見た目がかなり違うのでずっと気持ちを隠して、普通の友達のように接してきました。

出典 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

恋心をひた隠しにして、わざとらしいぐらいに友達気取り。切ないよ…。

でもこれって、“お互いさま”かも…?

好きになった相手が自分とは違うタイプの女の子を好き、なんて知るとショックを受けてしまうもの。でも、私たち女性も、実際の男性のタイプと恋愛対象が異なることもあるのでは…?

そうそう、好きでもない人に連絡されて、「ちょっぴり迷惑かも…」なんて思ってしまった経験がある人も多いのではないでしょうか。好きになってくれるのは嬉しくても、付き合うほどではない、なんて相手もいるものです。自分が逆の立場だったらこれ以上ないくらいショックなのに、ごめんね…。

そうはいっても逆転はあり得る!

いまや芸能界きってのおしどり夫婦になった杉浦太陽(すぎうらたいよう)さん&辻希美(つじのぞみ)さんのお二人も、実は逆転恋愛を成就させたカップルでしたよね♡辻希美さんが一目惚れし三度告白するも玉砕していたなんてエピソードは有名ですが、実はそれだけではありません。

もはや真逆!杉浦太陽さんの好みは、吉澤ひとみさんだった

出典 http://www.suruga-ya.jp

「私じゃなくて、よっしー(吉澤ひとみ)が好きでした」

「インタビューで最近気になるアイドルがよっしーと言っていたのを見て」

出典 http://www.oricon.co.jp

のんつぁん、凄いよ…。杉浦太陽さんは、もともと辻希美さんとモーニング娘。同期メンバーである、“よっすぃー”こと吉澤ひとみさんが好きだったそう(笑)。吉澤ひとみさんといえば、モーニング娘。の中でもボーイッシュできりっとした美人系と、妹キャラで可愛らしい雰囲気の辻希美さんとは真逆のタイプ。それでも辻希美さんは諦めず、告白ラッシュで陥落させたそう!お見それしました。

2015年を代表するビッグカップル、山本耕史さん&堀北真希さんも逆転両想い♡

先日突然の結婚発表に日本中が沸いた山本耕史(やまもとこうじ)さん&堀北真希(ほりきたまき)さんも、逆転両思いの過去を持つお二人。まったく気がなかったという堀北真希さんに、山本耕史さんは募る想いをしたためた約40通もの手紙を送ったことはあまりにも仰天エピソードとして語られましたよね。2009年の出会いからなんと6年の歳月…まさに、執念の勝利!

好きな芸能人=実際のタイプとは異なるでしょ?

なるほど…。芸能界にも逆転勝利はたくさんあったんですね。芸能人といえば、好みのタイプを語るときに多用される存在。気になる彼が、あんな綺麗な女優さん、可愛いアイドルがタイプだったなんて…なんてショックを受ける必要はなし!そこはあくまでも、別次元の芸能人。自分自身も、大好きな芸能人はいるけれど、実際のタイプとは異なるものではないでしょうか?自分に置き換えると冷静になれるのに、相手のことになると取り乱してしまう、それが切なき片想い…。

一般人にも逆転勝者はいる♡

自分が彼のタイプじゃない…でも、あくまでもタイプ。実際お付き合いに結びつかないと決まっているわけではありません。それよりももっと困難な状況から片想いが成就したエピソードもたくさんあります。勇気づけられ、自信に繋がるものばかりなので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

私じゃなくて、同期(男)の話なんですが。
後輩の女の子を好きになったけど、その子には親公認の彼氏がいて告白するも玉砕。
でも、諦められないとかでよき同僚として接して仕事の相談に乗るうちに仲良くなり、1年後に女の子が彼氏と破局。落ち込む彼女を慰め、仕事もフォローしつつ猛アタックするうちに彼女の気持ちが同僚の方に向き付き合うことに。
3年前に結婚してました。

出典 http://komachi.yomiuri.co.jp

親公認の彼氏がいるのに告白した勇気、とっても凄いです。ガンガン押し続けるだけではなく、良き同僚として信頼関係を築くことを意識したので、女性の懐に入ることができたのかもしれませんね。

ヤンキー少年を落とした真面目彼女の努力

私は中学生の時に3年間、一番もてる男性に恋をし、マジメな私は毎日、ヤンキーの彼にノートをとってあげていました。その3年の間、彼は彼女を7、8人は変えたと思います。その間、ずっと私は次は私、次は私と思いながら卒業しました。その春、私がバイトしていたコンビニに彼が来て、『今まで近くにいすぎて分からなかった、これからも近くにいてほしい』と缶コーヒー1本買って帰りました。

出典 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

はい、可愛い!真面目だから、モテるから、なんて既成概念に甘えずに努力したこの女性。待ち続けるだけでなく、ノートを取ってあげるマメさが通じたのかもしれませんね。それにしても、不器用な彼にきゅんとしちゃいます…。

あんなに振った彼女が「今の嫁」

当時私は26歳、彼女は4つ下の大学生。共通の知人を介して複数で遊ぶ仲でした。その彼女から積極的にアプローチ、メールや電話、遊びの誘いナドナドが頻繁になってきて告白されました。正直、社会人と大学生というギャップを感じていた為、丁寧に、でもガツンと断りました。しかし、食い下がってきましたが、きちんと断りました。その後半年程はメールだけの関係が続いたんですが、いきなりまた告白してきて… 正直、彼女の負けん気の強さ、根性に負けて付き合うようになりました…。それが今の嫁です。

出典 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

根負けして付き合ったなんて、妥協なのかしら?いえいえ、ちゃんと結婚までしているお二人。奥さまのひたむきな想いが通じたということですよね♡

辛く苦しい片想い…。でも、タイプじゃなかった人を、なぜか好きになってしまう…なんてこともあるはず!そもそも人間は、好きになるのに元々のタイプは関係無いんだそう。つまり、努力すればそれだけチャンスを得ることができるとのこと。片想い相手のタイプが自分と真逆だったと諦めないで、一生懸命に想いを伝えたいですね。

この記事を書いたユーザー

るな このユーザーの他の記事を見る

気になることをポツポツと書いていきます♡

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス