え?2回目は要注意ってどういうこと?

恋人気分にさせてくれるキャバ嬢。疑似恋愛だと思って割り切る分にはいいのですが、私は一人のキャバ嬢に本気になったことがあります。職場の先輩となにげなく行ったお店のキャバ嬢にビビビっと一発でノックアウトでした。

「また来るよ」と言う私に「あまり無理しないでね」と天使のような言葉をかける彼女。天使の言葉と思った時点で、あの時の自分は若かったですね(後悔して汗汗)

私が2回目は要注意って思うのは、2回目ってやっぱりキャバ嬢は喜んでくれるんです。「本当にまた来てくれたんだ」って、喜ぶのは仕事なんだから当然なんだけど、これがまた勘違いするんです。

この勘違いするってのは、あくまでも私と同じタイプの男性の話です。キャバクラをただの遊び。女性の香気に触れる明日への仕事の活力だって割り切れる人には関係のない話です。

しかし、そうじゃない私の様に真っ赤に燃えるタイプにとっては、遊びと割りきれず。キャバ嬢の「私も本気だよ」「お客さんとして見てないよ」の甘い言葉で恋の暴走機関車になってしまって、店からはカモ客決定となります。

運よく・・・いやいや運悪く数回の店通いで彼氏?になった私

正直舞い上がりました。非モテ組の私が、キャバ嬢の彼氏になれるなんて。今思えば、それって本当?って疑わしいことなんだけど(汗)彼女はこんな事言ってました。「こんな関係になったのは、あなただけだよ」もう誰にもこの恋は止められない。恋の暴走機関車になりました。

ヤバイ!脂ぎったおっさんに彼女が穢される(涙)


仕事なんだから、恋人気分にさせるのは当たり前。でも将来の自分の嫁さんがって思うと割り切れない。嘘でも脂ぎったおっさんとラブラブな感じでお酒飲んでるなんて、頭はパニックでした。

「私、借金あるの」の言葉に私は・・・

そこで、その借金の金額を聞いて工面するような、そこまでの馬鹿でなかったのが唯一の救いです。人生のモットーの一つに借金だけはしないってのがありましたから。でも「借金なんて結婚して一緒に返したらいいじゃないか?」とは言いましたけど(汗)


もうちょっとでゴールイン出来るかも?←完全に駄目なパターンですね

仕事なんだしノルマがあるし「今回だけ助けて」と言われたら、男を見せなきゃって思ってしまったんです。でもこの「今回だけだよ」が何度も続きました。全然今回だけじゃなかったんです。逆に私は今回こそはの気持ちだったんですけどね(汗)

楽しみに行くのでなく苦しみに行くまさに苦行でした。

「じゃあ行くなよ」って声が聞こえてきそうですが、愛があるからなんでしょうね。昼ごはんはマクドナルドの一番安いやつ。あとは牛丼とか。必死で節約する一方で夜になると金銭感覚はマヒ状態。

使えるお金が大ピンチになっても、恋が盲目にしてくれます。これ以上行くとサラ金に手を出さなきゃいけない。でも気合いで我慢出来るものでない、惚れた女性への逢いたい気持ちはもう止まらない。

あれ?俺って彼氏だよな?何でいつまでも客なんだろう?

借金なんて、結婚してから返せばいいのに、なぜ店を辞めない。おかしい。絶対におかしいと思ってても、そう簡単にあきらめることのできない彼女への思い。

よく、男ってお金を使えば使うほど女性に未練が生まれて離れられなくなるって言うけど悔しいけれど分かる気がしました。ここであきらめたら今までの苦労はなんだったのか?まるでやめられない止まらないパチンコ狂いのおっさん状態でした。。

運悪く・・いや運よく私は振られました。

5年経ち彼女から突然「店を辞めるので、もう会えない」と連絡がありました。気が狂いそうになりました。一体彼女にはいくら使ったのか?考えてみると500万円は使ってました。悲しくなる金額です。

客からスタートしてゴールイン!はっきりいって高い壁です。

こんなことを書くと、いやいや実際に客と結婚したキャバ嬢いるよって声が聞こえそうですが、あくまでもスタート地点としては不利だと私は思うのです。大体、客の一人一人に本気になってたら身も心もズタボロになるでしょうし。客が客でなくなったら商売あがったりですから。

これって私の反省文でもあり、アドバイスでもあります。

決してキャバクラを否定をしてる訳ではありません。女性と楽しく会話をして楽しくお酒を飲む場所と割り切って遊ぶ。そして明日への活力にされている方もいることでしょう。

キャバクラ通いに対する女性の意見をネットで調べると、黙って外で浮気をするよりも、疑似恋愛を楽しむ方が健全だという意見も多く見られます。

しかし本気モードで中毒になることもある遊び。そう簡単にはやめられない気持ちは痛いほど分かってる私。運悪く中毒になった人に一つアドバイス出来ることって何だろう?

やっぱり、それまでに使った金額を計算してみたらいかが?って思います。本気になったのならば、あまりに遊びとは割り切れないほどの金額を使ってることでしょう。

その金額に見合った結果は?その金額を趣味や自分磨きに使ってたら。おのずと答えが出るんじゃないか?この反省文、だれかの役に立ってくれますように。

最後までお読み頂き有難うございます。
ブログも是非見てくださいね。

この記事を書いたユーザー

ロバート・熊 このユーザーの他の記事を見る

spotlight公式プラチナライター。食品スーパーの店員ならではの記事を楽しんでいただければと思います。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス