少子化が深刻化している現代ですが、実際にママさんたちは今後の家族計画をどのようにお考えなのでしょうか。また、ご主人と話し合いなど行っているのでしょうか。
マザーファースト株式会社(本社:東京都千代田区)が運営するクラウドソーシング「ママタント」(http://mamatanto.jp/)のアンケートサービス「ママタントリサーチ部」(http://mamatanto.jp/research/)では、20代~30代のママさんたちに、家族計画について生の声をお聞きしました。

まずは、リアルな家庭事情を調査!

【質問】 現在、お子さんは何人いらっしゃいますか? ※妊娠中の方は、お腹の子もお一人としてご回答ください。

出典 https://questant.jp

アンケートにご協力くださったママさんのうち、「お子さんがお一人」という方が49.3%と半数近くいらっしゃいました。「二人」は40.6%でした。

お子さんを授かった際、妊活の経験は・・・?

【質問】 今までの妊娠で、妊活をしましたか?

出典 https://questant.jp

現在・過去を合わせて、約35%の方が妊活を経験していることが分かりました。
妊活と言っても、ご家庭でできる妊活から、通院が必要な妊活まで様々あります。この世に産まれた全ての赤ちゃんに、産まれるまでのストーリーがあることが分かりますね。

ママの考える「家族計画」、ご主人の考えと同じ?違ってる?

【質問】 お子さんは、あと何人ほしいと思っていますか?

出典 https://questant.jp

現役ママさんにお聞きしたところ、「もう一人ほしい」と考えているママさんは58%いらっしゃいました。「もう二人ほしい」とお考えのママさんは10.1%いらっしゃり、お子さんを望むママさんが多いということが分かりました。
しかし、31.9%のママさんは「もうお子さんは考えていない」という結果になりました。

【質問】 家族計画や子作りについて、ご主人の意見や考え方は、あなたと異なりますか?

出典 https://questant.jp

「同じ、もしくは、ほぼ同じ」というご家庭が最も多くて、66.7%でした。
しかし「違う」というご家庭は2割以上いらっしゃり、まだ結論が出ていないご家庭は17.4%いらっしゃいました。経済的・体力的な問題で、なかなか簡単には結論が出ないようです。
しかし、夫婦どちらかの意見を尊重しているご家庭もあり、話し合いの結果どちらかが譲歩する形をとっているご家庭もあることが分かりました。
家族が増えることは嬉しいことですが、負担が増えるのも事実です。そのため、ご主人と話し合いを行っているご家庭が多いようですね。

「家族が増えること」に対する、ママさんたちのリアルな本音

家族が増えることによる、楽しいこと・嬉しいこと

出典 http://www.freestockphotos.biz

・子供人数分、その子のカラーがあって、育て方も違うし、その分、親としてたくさんのことが勉強できて嬉しい。大変なことがたくさんあるけど、あまり大変だと思わず前向きに考えられるようになった。

・兄弟間での譲り合い、けんか、思いやりの気持ちを学んで欲しい。

・年子の兄弟ですが、ケンカはすごいけど基本的には二人で遊んでくれてるので助かります。

・二人で仲良く遊んでる姿をみてると、産んで良かったと思う。

・兄弟姉妹がいることで、一人一人に十分に手をかけられないのは申し訳ないが、それ以上に毎日が賑やかで楽しいし、将来的にも助け合ってほしい

・自分も主人も兄弟がいるので、自分たちの子供も兄弟がいる環境を作ってあげたい。クリスマスや誕生日などのイベントがもっと盛り上がる!

・家族が増えると経済的には大変になるかもしれないけど、何事にも変えられない喜びがある。

では逆に、大変なこと・お悩みは?

出典 http://www.freestockphotos.biz

・教育費のこと、家事の負担割合のことで主人ももめている。現在育休中だが。主人は、とにかく自分が家のことを何もしたくないので、できればこのまま私に退職して専業主婦になってほしいらしい

・子どもは大好きですが、それによってブランクができたりするので、もっと社会が妊娠出産のしやすいものとなるといいなと思います。

・きちんと年の差を考えて計画すれば良かったと思います。

・ 出費が増えること、上の子を見ながら赤ちゃんの世話をすること、下の子が幼稚園に上がるまで、自分の時間を確保するのが、なかなか難しいこと。

・共働きのため、両立が大変。保育園の入園においても不安。

・3人とも男の子でした。最初から女の子が欲しかったため産まれるたび嬉しかったけど、今回も違ったかーと思いました

・実家が遠いため、近くに頼れる人がいなく、次の妊娠・出産の際に助けてくれる人がいない

・ほんとうは3人子供が欲しかったけど、経済的にもきびしいし、二人の子育てが大変なので多分もう子供は産まないと思います

・金銭的なことに対する不安が大きいです。習い事、大学進学など一人っ子に比べてかけてあげられるお金が減ってしまいそうです。兄弟のせいで学ぶ機会を減るようなことのないようにしっかり稼ごうと思っています

・やっぱり子供を育てるのには結構な資金が必要。最大の道楽かもと最近思う。

・上の子が甘えてきてもなかなか相手出来なかったりイタズラにイライラしたり。下の子の離乳食も上の子が食い意地張ってるために欲しがって癇癪を起こしたり大変です

・お金も時間のやりくりも大変。特に個々の人なので、子供といえど人間関係に苦労する。

・夫を夫としてではなく子供の父親として見るようになった為、不満は増え続けています。

【まとめ】 現役ママのお悩みを参考に、あなたの「家族計画」についてもう一度考えてみるきっかけに♪

お子さんが産まれて家族が増えることは、経済的にも肉体的にも負担が増えてしまいますよね。しかし、それよりも、本当に何事にも変えられない喜びがあります!
ママさんたちのご意見・お悩みを参考に、もう一度あなたのご家庭の「家族計画」を考えるきっかけにしてみてください。

この記事を書いたユーザー

ママタント リサーチ部 このユーザーの他の記事を見る

毎日、ママさんたちにインターネットアンケートを実施しています。その結果を公開!あっと驚く結果から、参考になる結果まで、いろいろな話題を提供していきます。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス