宗教の教義・教典を、信者や民衆に口頭で説き明かすことを「説教」と言います。
そして「説教」には一般的に各々「説教題」がついているもの。

今回はみんなが見つけた「なんだか気になる説教題」をご紹介します。

レッツパーリーピーポー

そう…、我々は皆、神に招かれるパーティーピーポー。
だから金曜の夜は神とのパーリーナイトなのである。

ん?どういうこと?

ファンタジーの世界へようこそ!って、これはいったいなんでれら?とでも言ってもらいたいのかもしれない…。

キリスト教だけに…ってことなんでしょうか?

それにしても自分で言っちゃうところが凄いです。

おめでとうございます

説教「ベスト・ペアレント賞受賞」って言われてもな…。
なにはともあれ受賞おめでとうございます。

今からすっごい面白いことを言います

「ねえねえ、面白いこと浮かんだんだけど聞いてもらってもいい?」って感じのキリスト教あるあるなのかもしれません。

生ビール的ななにかについてでしょうか?

居酒屋などでなまぬるいビールを出されるとこういった気持ちになることがあります。実際に吐き出すようなことはしませんが…。

第2弾は12月に公開です

全力で乗っかってしまうパターン。「ニャン」って言われても…。
ちなみに妖怪ウォッチの映画第2弾は2015年12月19日(土)公開です。

エルサ、ドン引き…

サイヤ人をなめるなよ

「そしてオレは誇り高きサイヤ人の王子…」ってなんか違う。

はたしてうまく立ち回れるのだろうか?

宣教者でありチャレンジャーでもあるパウロ。そこでパウロが目にした光景とは…!?
詳しく話を聞いてみたくなりますね。

なんだか嬉しいような複雑な気持ち

面と向かってこんなこと言われたらいろいろ考えてしまいそうです。

じゃあ、最後はあの話でもする?

聴衆に偏りが出てしまいそうですね…。

この記事を書いたユーザー

amaneck このユーザーの他の記事を見る

記事を読んでいただきましてありがとうございます。ネットでちょこちょこ記事を書いている神奈川県在住の副業ライターです。個人的に気になったことをお伝えしていきますのでどうぞよろしくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス