時に死んだ後のことを考えよう

Facebookにて、死後のアカウント管理人指名&アカウント削除できる遺言システムがあるって知っていましたか?

追悼アカウント管理人設定

ユーザーが死んだ後のフェイスブックアカウントをどうするかの設定ができる『追悼アカウント管理人設定』があり、2種類選ぶことができます。

①死後のアカウントを管理してくれる人を自ら選べるシステム
②アカウント削除

※②アカウント削除とは、死後にアカウントを残したくない場合は削除申請できる。

追悼アカウント管理人とは

アカウントが追悼アカウントになると、指名された『追悼アカウント管理人』は、

・タイムライントップ画面に投稿ができる
・新たな友達申請に対応できる。
・プロフィール写真、カバー写真を変更できる。

追悼アカウント管理人システムによって、死亡告知や葬儀の告知などもできるようになりました。

追悼アカウント管理人ができないこと

・アカウントにログインできません
・過去のタイムラインでシェアされた投稿、写真、他のコンテンツを削除、変更はできません
・アカウント所有者が他の人に送ったメッセージは読めません
・アカウント所有者の友達を削除はできません

遺言システムの注意点

なお、『追悼アカウント管理人』は18歳以上のみ利用可能、管理人に指名された人には、アカウントが追悼アカウントになるまで『追悼アカウント管理人』には通知されません
前もって管理人に指定したことを伝えたい場合はメッセージを送ることもできます。

設定方法

ネットの世界を見つめてみよう

死後のアカウントについても設定できるシステムは、最初はドキッとするかもしれませんが、今の時代では当たり前の事なのかもしれませんね。

この記事を書いたユーザー

WhiteBear このユーザーの他の記事を見る

フランスメインで生活をし、日本食をこよなく愛し、いつかジャンガリアンハムスターを飼うのが夢です。
インスタグラム https://instagram.com/whitebear003/

得意ジャンル
  • インテリア
  • 話題
  • 海外旅行
  • インターネット
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • 美容、健康
  • ファッション
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Amebaみんなの編集局に登録してSpotlightで記事を書こう!