25日、白泉社・ヤングアニマルで連載中の人気漫画・「3月のライオン」がテレビアニメ&実写映画化されることが発表されました。

白泉社は、『ヤングアニマル』連載中の羽海野チカ氏による人気コミック『3月のライオン』を、テレビアニメ化&実写映画化することを決定。詳細は、『ヤングアニマル』の誌面やWebにて順次公開予定とのことだ。

出典 http://www.famitsu.com

まだキャスト等は決まっていないとのことで、順次発表されていくそうです。

3月のライオンとは?

知らない方もいらっしゃると思いますので、どういう漫画なのか簡単な説明を。

作者は「ハチミツとクローバー」でも有名な羽海野チカ先生。

あらすじは以下の通りです。

2007年に連載スタートした「3月のライオン」は、17歳の将棋のプロ棋士・桐山零が主人公。両親を事故で失い深い孤独を抱えながら生きる桐山が、川本あかり、ひなた、モモの3姉妹や、棋士たちとの交流を通じて、かつて失ったさまざまなものを取り戻していく姿を描く。

出典 http://eiga.com

将棋を題材としており、棋士の先崎学が監修を務める。

出典 https://ja.wikipedia.org

クオリティの高い絵に丁寧に描かれた心理描写、熱いストーリー展開が人気を呼んでいます。

2009年第2回マンガ大賞2009第3位、2011年「全国書店員が選んだおすすめコミック2011」第2位、2015年SUGOI JAPAN AWARD 2015マンガ部門第4位に選ばれた。

出典 https://ja.wikipedia.org

2009年第2回マンガ大賞2009第3位、2011年「全国書店員が選んだおすすめコミック2011」第2位、2015年SUGOI JAPAN AWARD 2015マンガ部門第4位に選ばれた。また、2010年に第1回ブクログ大賞マンガ部門大賞、2011年に第4回マンガ大賞2011および第35回講談社漫画賞一般部門、2014年に第18回手塚治虫文化賞マンガ大賞を受賞している。同誌連載の『ベルセルク』作者・三浦建太郎から「アニマル一男らしいマンガ」と評価されている。

出典 https://ja.wikipedia.org

他にも本、食品、BUMP OF CHICKENとのコラボレーションを展開しています。

さて、この3月のライオンのアニメ化、実写映画化にファンの方々はどう思っているのでしょうか?

ツイッターからいくつか反応を拾ってみました。

ツイッターの反応

アニメ化に関しては肯定的なツイートをしている方が多く見られましたが、実写映画化に関しては否定的な意見や疑問に感じる方がやや多いかな?という印象を受けました。

こういった反応も…

シンガーソングライターのスガシカオさんが自身のツイッターを更新。

スガさんは3月のライオンの愛読者であり、また作者の羽海野先生と親交があります。

他にもこういった縁が。

スガは以前から『3月のライオン』を愛読していることで有名で、2010年の単行本4巻の発売キャンペーンで1日限定放送のCMが放映された際には、このCMのためにスガが書き下ろした新曲が使われ、加えてナレーションも担当。

出典 http://news.ameba.jp

羽海野先生もスガさんのファン。スガさんの作品から影響を受けたと語っており、楽曲も前作・ハチミツとクローバーのアニメや映画でも起用されています。

大人の事情で無理やな…と語られていますが、起用されたらピッタリかもしれませんね。

羽海野先生はスガさんのツイートにお礼の返事を。とても嬉しそうですね。

主題歌も含め、キャストなどまだ詳しいことは発表されていませんが…3月のライオンのアニメ&実写映画はどうなるのか?楽しみです。

この記事を書いたユーザー

シーブックたけのり このユーザーの他の記事を見る

テレビ・芸能・Twitterネタを中心にまとめています。よろしくお願いします。
一応、ライターみたいなこともやっています。
Twitterアカウント@nsbtakenori

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス