愛人になるリスクを、考えたことはありますか。

Licensed by gettyimages ®

愛人を持つケースは、年齢の離れた男女(大概の場合、年上の男性と年下の女性)という場合が目立ちます。愛人になり、月給をもらえて、自分の出来る生活よりも良い基準で生活できる等、メリットがあるかも知れませんが、愛人になるにはリスクが高すぎることをご存知でしょうか。

妻帯者である場合は、あなたが妻子から不法行為責任を問われて、損害賠償を請求される可能性もあります。不倫は、“違法行為”なのです。

出典 http://ren-ai.jp

ただ「好き」だけでは済まないことが沢山あります。

Licensed by gettyimages ®

最悪の場合、本妻から慰謝料を請求され、裁判になるケースも珍しくありません。その場合、愛人は「慰謝料」と「交際相手」の両方を一気に失うことになります。援助の状況によっては、住居や経済的なよりどころも全て失うのです。

「不倫している女性の多くは不倫を美化し、正当化しようとする傾向があります。しかし、それは淡い幻想にすぎません。本妻から損害賠償請求訴訟を起こされた場合、裁判では本妻側の承認として、不倫の当事者だった相手男性が出廷することもあります。こうなると、女性は孤立無援。心にも深い傷を負います。不倫をする前に、立ち止まってリスクを冷静に考えることが必要です」

出典 http://jisin.jp

妻帯者であることを隠して近づく男性は注意が必要です。

Licensed by gettyimages ®

最近は「妻帯者であることを隠して近づく男性」も多いようです。何も知らずにつきあっていた女性と、そうではない男性。この場合、その事実が分かった時点で別れるべきでしょう。事実を隠している方は、あなたが窮地に陥ったときも隠しごとをして、その場を凌ぐことが目に見えています。

愛人を持つことが出来る人は多くの場合、経営者や役職者。そのような人たちが愛人を探すのは、口が堅く雇用が不安定な水商売、高級クラブ等の女性が格好のターゲット。その他、自社の社員など、会社員の方でも不倫をしているケースは目立ちます。

相手の奥様から裁判を起こされる覚悟を持っていますか。

Licensed by gettyimages ®

通常の仕事や婚姻関係と異なり、愛人契約には何の保証もありません。本妻にバレる等の他「もうつきあいたくない」と言われた時には、相手は全てを失うケースがあります。

これは若いうちから愛人に迎えられた女性が陥りやすいケースなのだが、愛人契約を結んだ時点で安心してしまい、仕事をあまりせず、特に目標も設定せず、ぶらぶら遊んでしまうケースがある。当然、仕事のスキルなどは身につかない。こうなると、その男性に対する経済的な依存、精神的な依存が強くなるため、その後、自立することが困難となる。途中で愛人契約を切られてしまった場合には、残念な結果に陥りやすい。

出典 http://ren-ai.jp

若いうちはリッチな生活をして、年齢を重ねて愛人契約を解消したものの、どこにも就職できなかった。というケースはけして珍しいことではありません。結果的に、再び水商売に戻る等、職業の選択肢は大幅に狭くなる傾向にあります。

愛人契約の解消は、解雇に似ている。

Licensed by gettyimages ®

愛人契約をしたため、これまでの仕事を辞めたという場合は特に注意が必要です。お互いに愛情があったとしても、相手のビジネスが行き詰まり、毎月の給料がもらえないことだって充分にありえます。あなたはそのための備えをしていますか。

愛人契約を途中で切られるケースが多発
2008年のリーマンショック以降、日本の経済は非常に不安定な状況にある。大企業でも業績が悪化し、報酬が減ったという話はよく聞く。以上のような状況のため、ここ数年、愛人契約を解除されてしまったという女性がかなり増えてきている。

出典 http://ren-ai.jp

仕事は続けておくことをおすすめします。

Licensed by gettyimages ®

愛人契約はいつ終了するか分かりません。
そのためにも、女性は自分自身で生きて行く力を身につける必要があります。単調に見える会社員の仕事でも何でも、しっかりと働いておきましょう。給与は高くなくても、月給や社会保険、厚生年金などを収めながら働くことで、確実なキャリアを身につけ、社会でも成長をすることができることでしょう。

愛人生活というのは非常にリスキーであることがわかる。あなたの老後や将来のことを考えると、老婆心ながら心配で仕方がないっすよ……。しかしながら、その愛人さんのことが心から好きであったり、離れたくないと考えているのであれば、無理に今の生活をやめろとは言わない。ただ、もしものために仕事のスキルだけは身につけてほしい。

出典 http://ren-ai.jp

社会とのつながりを持っておくことで、自分自身と周囲を客観的に見ることができます。経済的なこと、キャリア、精神面の全てにおいて、仕事を続けることをお勧めします。

2人は、対等な関係です。

Licensed by gettyimages ®

お金を上げるから偉い。
お金をもらうから我慢する。

このような図式は成り立ちません。自分はどうしたいのか。将来どうすべきなのか。リスクを全て分かった上で、自分の人生を歩んで行きましょう。

この記事を書いたユーザー

山本明日香 このユーザーの他の記事を見る

講談社:VoCE読者ブロガー「VOCEST」3期生。スワロフスキーアーティスト。ヨガ、ストレッチを中心としたボディメイク、ヨーロッパのファッション・ライフスタイルなどを発信するのが得意!ダイエット検定1級取得。Webライティング能力検定1級合格 ◆美容ブログ:http://ameblo.jp/asukaproduce/

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス