米ぬか。お漬物でなんとなくお世話になっているけど、特別好きっていうわけではないし・・・

 それではもったいない!米ぬかって、体の中をスッキリさせてくれる影の実力者なんです。

 知られざる(?)米ぬかのパワーを、ここでじっくりと拝見していきましょう。

キレイの元。

Licensed by gettyimages ®

ざくざくボロボロ感がうれしい。

 米ぬかの大きな役割。それは、体のあちこちを掃除してくれること!どこを掃除してくれて、どんな効果が期待できるのでしょうか。

脳内洗浄?

Licensed by gettyimages ®

まずはここから。

米ぬかで、脳もキレイに?!認知症やアルツハマーの原因といわれるのが、”脳内ゴミ”のベータ・アミロイド。脳内で常に合成、分解される物質です。

米ぬかに含まれるフェルラ酸が、このゴミの分解を助けるのです。

更にフェルラ酸には、メラニン生成の抑制、紫外線吸収、酸化防止機能も。ということは、美白効果も期待できるますね!

 脳にもゴミがたまるなんて・・・ちょっと怖い気がしますが。米ぬかでしっかり掃除できるなら、喜んでいただきましょう!

クリニックに行かなくても。

Licensed by gettyimages ®

今話題の腸美人!

腸内洗浄は、今やクリニックでおなじみのメニューですが。米ぬかで、腸もキレイになるのです!

腸内の善玉菌を増やしてくれるのが、米ぬかの食物繊維。おかげで便秘解消、毎日の快便を約束してくれます。

食物繊維には、コレステロールの吸収を防いで血中コレステロール値を下げる働きも。糖尿病の予防やダイエットにも効果ありそうです。

 腸が美人になれば、それに伴い肌もキレイ になること請け合い。快腸、美肌の元は、米ぬかから作られる!

サラッサラに・・・

Licensed by gettyimages ®

気持ちよく流れます。

 米ぬかで、血液もサラサラ流れるように!

 ぬかに含まれるアミノ酸が、血流を改善してくれます。血圧も下がり、中性脂肪も減ってくるのです。

 体の幹線道路、血管。常にキレイにしておくことは、様々な病気や不調を防ぐために重要。血管は、定期的に掃除するに越したことはないですね。

この、 米ぬかアミノ酸はギャバと呼ばれます。ギャバ入りのチョコレートを見たことがある方もいらっしゃるでしょう。ギャバには精神安定作用もあるのです。ぬかは、イライラしやすい現代人の生活には欠かせないようですね。

代謝アップで。

Licensed by gettyimages ®

ここまでキレイになって下さい!

米ぬかは、肌の掃除もしてくれます。

米ぬかの成分、ビタミンB1やマグネシウムなどのミネラルが、皮膚の新陳代謝をアップしてくれるのです。 

おかげで古い細胞が除去され、新しい細胞にきちんと置き換わるようになります。更に、ガンマ-オリザノールという成分が皮膚の酸化を防いでくれるので、シミやしわのできにくい状態に。常に生まれたての肌を保つことも可能なのです。

また、米ぬかカルシウムの働きで、外部からの刺激に対する肌の抵抗力も向上。乾燥に強い肌作りにも、一役買ってくれそうですね。

あれやこれや。

Licensed by gettyimages ®

サヨナラできる?

 抗がん作用、循環器系疾患の予防、免疫力を高める等々。米ぬかには嬉しい効能が一杯!正にサプリメント代わりになってくれます。

 そんな素晴らしい米ぬか。楽しく摂取したり利用したいもの。ではその方法をいくつか見ていきましょう。
 

混ぜてしまえば。

出典 http://recipe.rakuten.co.jp

ソフトタイプでもどうぞ。

 米ぬかの食べ方は、本当に色々です。

 手軽に混ぜて、ハンバーグやクッキー、パンやケーキの生地に。チャーハン、焼きそば、サラダにも投入。

 トッピングにもいいですね。ヨーグルトやアイスクリームの上に、さっと散らしてどうぞ。カレーやシチューにも。

 ちょこっと追加で風味も変えて。味噌汁や納豆、 焼きに加えてみて下さい!

 好きなものに好きなだけ、米ぬかプラスでヘルシー度もアップ 。思いついたら使ってみましょう。

ボデイ、フェイスには。

Licensed by gettyimages ®

ほんの少しの手間が。

 米ぬかは、内からだけでなく外からも。

 入浴剤として、米ぬかを布袋か手ぬぐいに入れて紐で縛り浴槽へ。肌がツルツルになります!

 ボディーソープとしても。米ぬかをお湯で溶き、カラダをこすると。汚れが落ちるだけでなく、潤いも手に入ります!

洗顔料なら。大さじ1杯の米ぬかをガーゼに包んでゴムでしばり、ほぐしながら洗顔。しっとり透明感のある肌の誕生です。

 マッサージヤパックにも。米ぬかをお湯でペースト状にし、ボデイやフェイスをマッサージしたりパックしたり。肌にしっとり感が出てきます。

 内外両サイドから攻めて決める!米ぬかは、ココナツオイルのライバル?でしょうか。

全部いただきましょう。

Licensed by gettyimages ®

最近注目です。

最近は、米ぬかから作ったライスブランオイルも人気だそう。フレーバー付きのものもあり、料理がより楽しくなりそうです。

地味な存在に見えた米ぬか。実はスーパースターなのですね。やはりお米は全部使いがベスト!

万能選手の米ぬかを、これからは是非気軽に取リ入れていきましょう。

この記事を書いたユーザー

Maggie Cheung このユーザーの他の記事を見る

香港、台湾、中国そしてタイが大好きで、アジアをこよなく愛する心の旅人。英語は仕事で、中国語は趣味。スピリチュアルや占いにもちょっとうるさいライター。自身のレーダーがとらえた情報を、考察をまじえつつ発信していきます。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス