純粋な子どもたちの行動は、時に思いもよらないことも…。しかし、純粋だからこそ私達大人が心動かされることもあります。今回はそんな純粋無垢な子どもたちのエピソードをご紹介します。

サンタさんへのおもてなし

葉加瀬太郎さんの息子さんが、プレゼントを届けに来てくれたサンタさんにおもてなし!小さなメモといい、暖かい気持ちが伝わってきますよね…♡

小さなヒーロー

ヒーローってただ悪と戦っているのではなく、誰かを守るために戦っているんですよね。子どもたちの視点に目がさめる思いです…

子どもの視点とは思えない!

変わらないことの大切さなんて、大人でも忘れてしまうもの。子どもに言われると、はっとしますよね。

子どもとは思えない…?

なんだかとても世知辛い7歳の世界。それでも、小さいうちから失恋を知った彼、10年後は亜鬼美ママのお世話にならないで済むことを祈ります…。

宇宙の壮大さを知る子

宇宙の広さ、空の高さに感動したことって、もう大人になってからはとんとない。子どもってきっと、私たちが思うよりずっと「わかっている」んですよね。

スマートに口説けるのも子どもならでは

子どもの頃って、純粋に「好き」って感情に向き合えるもの。親心としては、ちょっぴり寂しいのかも…。

「真っ白」になれる

何も考えないでいる時間、実は結構大切なもののはず。大人の発想では忘れてしまったことをしているみたい。

日本のなりたち

「すごいね」「やさしいね」なんて感想を期待したら、驚きの返答。

季節は巡る

春が来て夏になり、秋から冬へ。そうしてまた次の年…当たり前に思えてしまうこんなサイクルも喜べてしまうのは子どもならでは。こんな感覚、忘れてしまっていますよね。

子どもたちの行動を見ていると、忘れていた子ども時代の感覚を取り戻した様な気がしますよね。純粋な子どもたちの行動に心が洗われます♡

この記事を書いたユーザー

白うさぎ このユーザーの他の記事を見る

芸能ニュース、芸能ゴシップ好きの33歳女性。ブログをお休みして、最近はSpotlightでの執筆にハマる日々です。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス