記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
平日の睡眠不足を休日に解消したい、と考えたときにまず思いつくのが"寝だめ"という方も多いのではないでしょうか。果たしてこの“寝だめ”、本当に効果があるのか医師に詳しく教えていただきます。

やはり、寝だめは効果なし!?

ここでいうところの寝だめというのは、例えば通常1日8時間寝ていた方が平日に睡眠があまりとれず1日6時間睡眠になってしまい、その足りないぶんを土日に分けて朝ゆっくりといつも以上余計に寝ることで睡眠時間を充足させる、ということを意味しています。これが果たして日頃の睡眠不足解消になるのかというと…その答えはNO!その理由を見ていきたいと思います。

人間と睡眠の関係

睡眠とは、体と頭脳を休めるためのものです。さらには睡眠中にしか出ないホルモンがありますので、それをしっかり分泌させることで体の調子(専門用語で恒常性といいいます)を保つことが睡眠を取る目的です。
ですので、どこかのタイミングでまとめて睡眠をとっても睡眠時間が足りないことをカバーすることはできないのです。

寝だめは、かえって体の毒だった!?

寝だめをするときは、たいてい起床時間を遅らせます。朝7時に起きている方が10時に起きるというように。このことが体内時計にとってかなり悪影響を及ぼしてしまうのです。

人間の体内時計は25時間周期で動いていて、放っておくとどんどんと後れてしまいます。 夜更かしと朝寝坊ばかりしてしまうというのはその体内時計の遅れが原因とされていますが、朝しっかり起きて朝日を浴びることでこの体内時計は正しい時間に調整されます。

寝だめをして朝の起床時間が遅くなると、その分体内時計がさらに後れてしまい、翌日(つまり平日ですよね)からの活動に余計な悪影響を与え、睡眠不足感をより多く感じてしまうことになるのです。

≪それにしても眠すぎる…のは睡眠の質が悪いからかも!≫
1分で簡単チェック【睡眠の質】を診断してみる

仕事上のミスに繋がることも…

上記のような状態が続くと、思わぬ不注意による怪我や、仕事上のミスを誘発することが有り、体はもちろん日常生活にも悪影響をきたしてしまうと考えられます。

睡眠不足はどう解消すればよい?

では、どうしても睡眠時間をとれない人はどうすれば良いでしょうか? それは可能な限り早く床に就くことです。早い時間帯から就寝することで、同じ睡眠時間でも夜間のホルモンが沢山出て体の疲れもとれることが知られています。

≪気になるパートナーの性欲度チェック≫
本当はパートナーはベットタイムに前向きじゃないかも…知りたい?

【医師からのアドバイス】

休日は夜更かしするのではなく、より早く睡眠を取ることで、平日の疲れを少しでも改善させることができると思われます。少しでも疲れを取って、より元気な日々を送れるように工夫したいものですね。

(監修:Doctors Me医師)

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス