記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
女性の体は、本当に複雑で不思議なもの。妊娠・出産といったことはもちろんそうですし、毎月周期的におとずれる生理、またホルモンの変動などによる毎日のおりものの変化などもあり、それに伴ってそれぞれ、心配ごとや悩みが出てくることもとても多いと思います。
今回は、その中でもお悩みの多い項目のひとつであるおりもの、特におりものの中の塊について医師に伺いました。

おりものが日々変化するのは、ごく当然のこと

皆さんもご存知の通り、おりものは日々変化のあるものです。生理周期によって、あるいはその時々の体調やストレスのかかり方によって、色や匂い、あるいはさらさらしたものであったり卵の白身状になったり、粘りが出たりと特に婦人科的に問題がない場合でもずいぶん形態が変わるものですよね。ただ、変化にある程度慣れている女性でも、おりものの中に塊が見えると、ドキッとしてしまうものです。

正常なおりものの特徴

生理周期による差や、個人差はあるものの、いわゆる正常な女性のおりものというのは、透明に近い色、あるいは白っぽいことが多いと思います。また、水っぽいこともありますが、元々が剥がれ落ちた粘膜など体の組織の一部ですので、多少の塊があっても直ちに異常とは言えないでしょう。
ただ、おりものにあまりにも多く塊が混ざるようであれば、やはり注意が必要です。

≪不正出血も正常かどうか判断するのは難しい…≫
不正出血、もしかしたら病気のサインかも…見分けるポイントは

頻繁な塊はカンジダ膣炎かも!?

白い塊が混じることで、非常によくあるのがカンジダ膣炎ではないかと思います。性感染症、というイメージでとらえる方も多いのですが、カンジダは膣内に平常時でも見られるもので、性交渉の経験のない方にもカンジダはよく起こります。特に、風邪などを引いて抗生物質を飲んだ時、不規則な生活など何らかの理由で体力が低下しているときなどに起こりやすいといわれています。そして、一旦なると繰り返し起こる傾向があるようにも思います。

<おりものの特徴>
カッテージチーズ状、あるいは酒粕のようなどといわれることのあるモロモロしたおりものがみられ、かなり強いかゆみが出ます。

≪避妊、しっかりできていますか?正しい避妊チェック≫
自分のセックスが安全だって言いきれる?危ないポイントはこんなところにも

白いおりものにも要注意

白いおりものが出る病気としてカンジダ膣炎以外に考えられるものは、以下の病気になります。

<子宮頸管炎>
子宮頸管部が外部から侵入した菌により炎症を起こしたもので、白っぽい、あるいはクリーム色のようなおりものと、下腹の痛みや熱が出てきたりすることもあります。

<トリコモナス膣炎>
性交渉の経験のある方は、例えばトリコモナス膣炎といった性感染症の可能性もあります。黄白色で、泡が混じるようなおりものが出る場合、性交渉は中止し、早急に婦人科で診察を受けるようにしたほうがよいでしょう。

【医師からのアドバイス】

妊娠時にも白っぽい塊が出た、という方もいらっしゃいますが、いずれにせよ、いつもと明らかに違うおりものが数日以上みられる場合は、婦人科専門医を受診されると安心ですね。

(監修:Doctors Me 医師)

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス