時代は変われど、男性の憧れの対象であり続ける高級外車。そんな高級外車のみを取り扱った店舗LIBERALA(リベラーラ)」を、中古車販売店のガリバーが展開しているとのことで、そのお店に行ってみました。

今回、編集Tが訪れたのは、LIBERALA世田谷

最寄り駅は小田急小田原線の世田谷代田駅で、下北沢からは一駅。環状七号線沿いにあります。

ベンツやアウディ、BMWといった高級ブランドの輸入車が多く取り揃えられています。

店内は、ゆったりと車選びができる落ちついた雰囲気。輸入車にまつわる本も揃えられていて、ちょっとした図書館のようです。

ざっとお店を見渡してみると1000万円以上のベンツのSクラスなど、超高級車も置いていますが、一体どんな方が購入するのでしょうか。編集Tには想像もつかない世界です。

車を見ている2人連れを発見!

お店の入り口近くで、BMWをチェックしている男性2人組を発見!

話を伺ってみると、どうやら親子連れとのこと。

左から、見上 秀作さん(46)、見上 義男さん(70)。

※共に仮名。

都内でイベント関係のお仕事をされているという秀作さん。お仕事柄か、46歳には見えない若々しさです。

「今日は親父の車を見にきたんです」とのことで。お父様の義男さんと出かけるのは、数年ぶりだそうです。

親子の車選びに同行してみました

ベンツのSクラスクーペが気になるご様子の義男さん。

内装までリッチ!

乗り心地を確かめる義男さん。

実際に高級車に乗れるなんて、LIBERALAのサービスに義男さんも大満足のようです。

広い車が希望とのことで、こちらのBMWも薦められます。

ゴルフが趣味の義男さん、ゴルフバッグがまるまる収まるこのトランクに惹かれているご様子。

ご満悦な義男さんの姿に、秀作さんも嬉しそう。素敵な親子ですね。

本日の収穫は?お話を聞いてみました

場所を移して店内でお話を伺ってみました。

編集T:今日はなにかいい車見つかりましたか?

義男:さっき乗った白のベンツはよかったな〜。見た目もかっこいいし、広くて乗り心地もいいし。

秀作:ちょ!親父いくらだと思ってんだよ!ケタがひとつ違うわ!

義男:まぁ、秀作のふところ具合を考えて、車は選ぶよ。

編集T:え!?息子さんからのプレゼントなんですか!?

秀作:実はそうなんです。ろくにプレゼントとか渡したことないんですけど。

編集T:そんな…!なにかのお祝いとかですか?

秀作:お祝いってわけじゃないんですけど…親父も定年を迎えて暇してるかな、と思いまして。昔から車は好きだし、家にこもらずこれで元気に出回ってくれればって…。

義男:ずっとチャラチャラ、何してるか分からない息子だと思ってたんですけどねぇ。立派に育ったもんです。(笑)

義男:ほら、若い頃の写真。

編集T(こ、これは…想像以上にチャラチャラしてる…)

秀作:うわっ。懐かしいな!この写真!

義男:一緒に旅行いったときの写真。もう10年くらい前だよね。

編集T:36くらいってことですか?今もだいぶお若いですけど、当時もかなり…。

秀作:今はだいぶ落ちつきましたよ。(笑)

義男:車買ったら、またそれで旅行行こうな。

秀作:お、それはいいね!

義男:運転はお前だぞ。

秀作:なんでだよ。(笑)

素敵な親子に出会えたLIBERALA。どの世代の人が訪れても楽しめる場所なのかもしれませんね。

みなさんも素敵な1台を見つけに、出かけてみてはいかがでしょうか。

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス