クリーニング工場や食品関係の工場バイトでは、どのような仕事が行われているのか興味がある人もいるのではないでしょうか。今回はそんな工場バイトの仕事内容やメリットをご紹介します。

クリーニング工場の仕事内容は?

クリーニング工場では、衣類の仕分けやチェックからハンガー掛け、包装までを行うことになります。

まず、工場に届けられた衣服をシャツやニットなどの服の種類、あるいは繊維の素材をもとに仕分けをします。機械では判別できないこともあるため、人の手で分けるのが一般的です。基本的にクリーニング店でも検品や仕分けを行っていますが、万が一のために二重のチェックをすることがあります。

また、洗う前の品物のポケット内をチェックする作業があります。カギやライター、お金といった物が含まれた状態でクリーニングを行うと、お客様のモノの紛失だけでなく機械トラブルの原因になるため、目視したり実際に触ったりしてチェックする必要があります。

仕上げ作業としては、専用のマシンにセットした後、商品チェックといった店舗への送付準備があげられます。せっかく綺麗にした衣類を間違えて別の場所に配送してしまうことのないよう、店番や店名を確認してから準備を整えます。

店舗到着後、すぐにお客様へお渡しできるように衣類のハンガーかけや仕上がり品の包装なども行います。細やかな気配りが必要な部分でもあるため、しっかりと先輩に教わりながら身につけることが大切です。

食品工場の仕事内容は?

食品工場で行う仕事内容として、お弁当の盛り付けや原料の準備、生産ラインでの仕分け作業などがあります。任せられる場所によって行う作業が異なるため、どの作業も覚え、順応できるようにしましょう。

食品の盛り付け・トッピングの仕事では、サラダや惣菜などをラッピング前にパックに詰める作業を行います。ラインでは1人ひとつの種類を任せられることが多いため、覚えることは少ないですが、失敗すると食品全体の見た目が崩れてしまうため丁寧な作業が求められます。

調理を行うラインでは、原料を準備する作業が行われます。1袋20キロから50キロ近い原料を機械に入れるため、複数人で協力しながら対応します。
その他にも、総菜類の調理や商品へ値段のシールを貼る作業などがあります。ラインの作業ではスピードが大切であり、自分の担当する場所ではできるだけ早く工程を覚え、作業を滞らせることのないようにすることが重要です。

作業によっては技術を求められることもあるため、アルバイトを始める際には作業内容や求められる技術を明確に聞いておくとよいでしょう。

工場バイトのメリット

工場バイトのメリットは、体力がない人でもコツコツ頑張れる仕事であるという点、多くの人と出会えるチャンスがあるという点です。

工場バイトと聞くと、大規模な製造工場の仕事で力が求められるのではないかと考える人もいるかと思います。しかしクリーニングや食品工場でのライン作業などの現場では女性も多く活躍しており、体力に自信がない方も安心して働くことができます。コツコツと作業するのが得意という人に向いている仕事と言えるでしょう。

また、工場の規模にもよりますが、多くの人が働いているため仕事を通じて友達を増やすこともできます。仕事中は黙々と業務をこなさなければなりませんが、休憩時間や会社の親睦会・歓迎会、プライベートでの飲み会や食事会を通じ、共通の趣味で盛り上がれる友人が見つかることもあります。
お金を稼ぎながら人間関係をつくることができ、まさに一石二鳥と言えるでしょう。

最後に

クリーニングや食品といった工場バイトは、もくもくと作業をこなす集中力が求められます。しかし、体力を求められることは特になく誰にでも働きやすい仕事です。

働くときは集中してコツコツと、仕事が終われば多くの仲間とワイワイと楽しむことができるのがこのバイトのいいところではないでしょうか。メリハリをつけて働きたいという人にはピッタリのアルバイトです。

関連記事をチェック

この記事を書いたユーザー

マイナビバイト編集部 このユーザーの他の記事を見る

アルバイト情報サイト「マイナビバイト」から、バイト・パートにまつわるちょっと気になる話題をお届けいたします!

得意ジャンル
  • マネー
  • 育児
  • 料理
  • 暮らし
  • 恋愛
  • ファッション
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス