育児に疲れた奥さんがいる全ての旦那さまへ

仕事から家に帰ると育児に疲れきった妻が辛そうにしている。なんてこと、ありませんか。小さな子どもがいる家庭にはよくある光景ですよね。今回は、育児に疲れた妻に伝えると妻の疲れが癒えていく魔法のような言葉をご紹介します。大切な奥さんの疲れを少しでも癒すことができますように。

たった3つの魔法の言葉

1.今は休むことがあなたの仕事

育児に疲れた妻が最も求めているのは、休むこと。しかし、育児・家事・仕事に追われて中々「休むこと」に徹することが難しいのです。中には「休むこと」が悪いことのように感じてしまう責任感の強い女性もいるでしょう。そんなときにこの「今は休むことがあなたの仕事」という言葉をかけてあげてください。自己嫌悪を感じることなく、休むことに徹することができるでしょう。

2.やりたいことをやりたいようにしていいから

子育て中の女性はついつい自分のことを後回しにしがち。しかし、奥さんは妻・母であると同時に一人の女性。心の奥には一人の人間として女性としてやりたいことがいっぱいあるはずなのです。そこを大切にしている気持を伝える言葉がこの「やりたいことをやりたいようにしていいから」。もちろん現実にはすべてやりたいようにさせることはできないかもしれませんが、時と場合を使い分けて、この言葉を伝えてみてはどうでしょうか。

3.煮詰まっていることはない?

女性は自分の気持ちや感情、その日にあった出来事、子どもの様子など、さまざまなことを話し合うことを求めていることが多くあります。疲れていると、妻の話をゆっくり聴く余裕も時間も中々とることが難しいものですが、時々こうして「煮詰まっていることなはい?」などといった声がけをすることで、奥さんの心にたまった疲れのはけ口になってあげることができるかもしれません。特に自分の中にため込みやすいタイプの女性には効果がある言葉です。

魔法の言葉は行動も一緒に

たった3つの言葉ですが、育児に疲れ切った奥さんに何かしらの効果はあるでしょう。しかし、魔法の言葉といっても行動も伴わなければ奥さんには伝わらないでしょう。言葉のとおり、必要に応じて休ませる・やりたいことを尊重する・疲れのはけ口になるような行動も一緒に奥さんにプレゼントしてみましょう。奥さんを育児疲れから救うには少しの言葉と行動が必要なのです。

この記事を書いたユーザー

freegarden このユーザーの他の記事を見る

フリーでライター・キュレーターをしています。また、カウンセラーの資格を活かして電話相談やメール相談も請け負っています。

得意ジャンル
  • 話題
  • マネー
  • グルメ
  • 育児
  • 暮らし
  • キャリア

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス