記事提供:秒刊SUNDAY

衝撃的な映画が展開されます。といっても日本ではなくお隣中国ということですが、そのタイトルはドラえもん映画「拝託啦小叮当」。

実写版のドラえもんは日本でも実現していなかっただけにこれは日本人にとっても衝撃的な事実ではなかろうか。車のCMでは実写化されていたが、はたしてどんなものなのだろうか。

実写化しているのは中国の大手ショッピングサイト「タオパオ」。中国人が待ち望んでいた至高の映画「ドラえもん」なのである。中国語表記は「拝託啦小叮当」となっているが中身は正真正銘のドラえもんである。

ただしドラえもんは猫なので、機械ではない。いや実物のネコっぽい機械なのかもしれませんが、その辺の設定は映画を見ていくとわかるのでしょうかね。

スネオにジャイアンにしずかちゃん。そしてのびた。この辺は日本のあのCMをみなれているせいか、違和感を感じない。

が、なぜかウルトラマンぽいキャラクターが出演しているのは突っ込みどころ。その他突っ込みどころ満載なので、そういった意味では面白いかもしれませんね。

日本に輸入されるのかわかりませんが、逆に見てみたいものです。

ーベトナムでも実写化

ベトナムでも実写化されております。

こっちはこっちである意味クオリティ高い。しずかが異様なほどカワイイ。

ベトナムの実写版「ドラえもん」に出る「静香」のクオリティが無駄に高い

出典:人民網日本語版

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス