出典 https://twitter.com

記事提供:ガジェット通信

2015年9月19日未明の参議院本会議で自民党・公明党・次世代の党などの賛成多数で可決した安全保障関連法。

集団的自衛権の行使を可能にすることが争点となり、平和安全法制特別委員会では与野党で激しい攻防が繰り広げられ、野党の女性議員が壁を作り「セクハラだ」と叫ぶ行動や、

民主党の小西洋之参議院議員が鴻池祥肇委員長に詰め寄った場面が暴力か否かなど、物議を醸していました。

※参院特別委で「私は、相手の身体には触れていない」とツイートするも…民主党・小西洋之参議院議員が炎上中

山本太郎参議院議員による牛歩パフォーマンスなどもあった中、本会議で可決された安保関連法。各メディアでは、安倍晋三首相が同日に山梨県の別荘に入り、20日には知人らとゴルフをしたことが報じられました。

これについて、ジャーナリストの江川紹子氏が「このために委員会採決強行し、本会議の採決を急いだのか」といった趣旨のツイートを連投。

これのために、総括質疑なしで委員会採決強行し、発言時間を制限して本会議の採決を急いだのかよ…と思う人は少なくないだろう。人の気持ちが分からない人間が国民を代表している不幸

出典 https://twitter.com

会期末までの、まだ時間はあったのに、言論の府で発言時間をあんな制限して採決を急いだのは、安倍首相のゴルフの楽しみを守るためだったんですかね

出典 https://twitter.com

日本のトップの重責を担う人には、休める時には休んで欲しいし、息抜きも必要だと思うが、そのために国会での言論が制限されるのは論外でしょう

出典 https://twitter.com

これに対して、「ゴルフをする暇と元気があるのか」「不愉快になる」と江川さんの趣旨に賛同する声がある一方、「ゴルフのためと断定できるのか」といった疑問や「総理もリフレッシュが必要」という意見も。

また、政治家にとっては「ゴルフも仕事」といった意見もあり、「それを批判するのは無理筋」「完全な印象操作」と批判するツイートも寄せられています。

江川さんはこれまでにも安倍総理や政権に対する批判を繰り広げており、今回もその流れに沿ったツイートといえますが、議会運営と総理の休暇の過ごし方を結びつけて論難するのは、飛躍が過ぎると感じる人も少なくなかったようです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス