記事提供:カラパイア

貯水槽に落ちて身動きの取れなくなった犬が1週間ぶりに無事保護された。ただ発見されたわけではない。この犬が無事でいられたのは、もう1匹の犬による愛情も大きく関係している。友人であるこの犬は、貯水槽のそばで、じっとその犬を励まし続けたのだ。

今月初め、米ワシントン州ヴァション島在住のゴールデン・レトリバーミックスのティリーさんとバセット・ハウンドのフィービーさんは一緒にお散歩に出かけたのだが、それきり帰ってこなかった。

心配した飼い主は2匹を懸命に探したものの見つからず、ヴァション島ペット・プロテクターズのボランティア、エイミー・ケアリーさんに助けを求めた。それから来る日も来る日も犬たちの捜索が続けられたが、その行方はわからないままだった。

「1週間も探し続けた末に、ようやく地元の農家から敷地の中に赤毛の犬がいるという情報を掴むことができました」とケアリーさんは当時の状況を話してくれた。

「ティリーは農家の人にゆっくりと近寄って注意を引きつけると、振り返って付近の渓谷の中に戻って行ったっていうんです。それで、確認してみることにしました」

そこでケアリーさんは一生涯忘れられないような場面に出くわした。

「そこまで行ってみると、ティリーを見つけたのですが、駆け寄ってはきません。この貯水槽の縁に頭を押し付けてじっとしているんです。あの子が駆け寄ってきていたら、その下にフィービーがいたなんて気がつかなかったでしょう。

でもティリーは動かずにじっとして、こっちに来いって合図しているんですよ。そこに友達がいるんだってね」

こうしてフィービーさんが発見された。

「どういうことなのか悟った瞬間、涙がでてきちゃいました。とにかく感動的で」

ティリーさんには一度家に戻ってみるという選択肢もあったはずだ。

だが、彼女はおそらくそこを離れればフィービーさんには二度と会えないということを分かっていたのだろう。

だから、ティリーさんは友達を置き去りにすることなく、きっと誰かが見つけてくれることを信じてそこに留まった。餌は、周辺で狩りをして調達していたと思われる。

「居場所は見当もつきませんでした。最後に目撃された場所から数kmも離れた場所にいたんですよ。ティリーは牧場で農家の人の目にわざと触れるようにして、フィービーのところへ戻りました。そのおかげで無事発見できたというわけです。まったく驚きですよ」

ティリーさんもフィービーさんも体調は良好だった。1週間も囚われていたが、雨のおかげで脱水症状になることもなかった。無事発見されて、飼い主も犬たちも大喜びしたことは言うまでもないだろう。

「貯水槽から出してもらえて、本当に嬉しそうでした。ティリーは随分ほっとしたみたいです。遠くから近づいてくる飼い主さんの声を聞きいて、2匹がどんなに安心したか想像つくでしょう。

感動的なシーンでしたが、それほど驚きはしませんでした。私たちは犬が友達想いだってことを良く知っていますから。とにかく無事で良かったです」

犬は仲間を見捨てない。どんなに困難な状況に陥ろうとも希望を捨てたりなんかしない。自分だけが助かればいいとも思わない。

その献身的で前向きな姿勢は、もし助かることがなくても変わらなかったであろう。我々人間は、やはり犬に学ぶことがまだまだあるようだ。

出典:thedodo

権利侵害申告はこちら