記事提供:まだ東京で消耗してるの?

「35年ローン」とか意味不明すぎて笑えるwww」という記事に、いろいろ反響をいただけました。まぁ、反響は読んでないんですけどね。ゴミみたいなコメントばかりなので。

「多額の借金を背負って家を買う」

どうも批判的なコメントが集まっているようですが、一番ズレてるのは前提で「多額の借金を背負って家を買う」というのが、今はもうナンセンスで、全然面白くないんです。少なくともぼくにとっては。

これは「持ち家派VS賃貸派」とか、「家を買えないワープアが増えている」とか、そういう話とはまったく別の次元です。

とにかく、面白くないんです。35年ローンで家を買うとか、犬のウンコ並みにワクワクしない。いや、犬のウンコの方がまだマシです。堆肥に使えるし。

まぁウンコの件はいいとして、実際、盲目的に35年ローンとか組んじゃう人は、あんまり面白くないですよ。保守的なサラリーマンばかりで。

「35年ローン組んで家を買うのがワクワクしない」というのは、もう時代の気分なので、合理的に説明するのは難しいです。わかる人にはわかるし、わからない人にはわからないでしょう。

ここで切り離すのも酷なので、わからない人のために頑張って説明してみますか。一応ぼくは物書きですから。

家を複数持てる時代なのに、1軒しか持たないの?

注意していただきたいのは、ぼくは「持ち家派」なんですよ。今は賃貸ですが、普通に家は欲しいし、手に入れる予定です。

それも、1軒ではありません。理想的には、10軒くらい家がほしいです。日本全国の田舎に家を手に入れちゃえば、好きな時に遊びに行ったり、Airbnbで貸し出して地元に雇用を生み出したり、相当遊べるじゃないですか。

田舎の家は安いです。1,000万円もあれば余裕で土地と新築物件が手に入ります。空き家を改修するなら、数十万~数百万で十分です。4,000万の住宅ローンがあれば、5~6軒は家が手に入りますよ。マジで。

時代の流れは大きく変わってきておりまして、20年後には「朝になったら都心のオフィスに出勤する」という前時代的風習も過去のものとなっていることでしょう。

リクルートは全社員在宅勤務OKとなりました。リモートワーク含め、新しい働き方ができる職場を集めた求人サイト「パラフト」も話題です。ランサーズココナラBASEあたり使えばすぐにお金は稼げます。もう、選択肢はあるんですって。

オフィス街とか遺産扱いされると思いますよ。「あぁ、昔の人はこんなでかいビルに集まって、みんなで仕事をしていたんだなぁ…」と。

選択肢はめちゃくちゃ広がっており、今後も広がりつづけるのに、なんで35年も自分を縛って、同じ場所に住むのか、ぼくには良く理解できません。

家を買うなら、複数買うくらいの勢いで考えた方が、よっぽど人生は面白いんじゃないでしょうかね?わかります?この気分。

たかが「家」のために借金するの?

上の話と関係しますが、そもそも、家はもっと安く手に入るんです。無理して都内に新築建てる必要なんてないと思いますけどねぇ。これからどんどん家は余っていくわけですし。

その数千万円のお金があれば、もっともっと面白いことができます。サラリーマンやめて自営業できちゃいますよ。そんなリスクは背負えない?ぼくからしたら35年ローン背負う方がよっぽどリスキーですよ。会社潰れたらどうするんだろ。

「35年ローンで家を建てる」というのは、お金の使い方として、全然ワクワクしないんですよ。「地域に開き、人も雇用するメディア型の家を作る!」とかなら面白いですが、どうせ普通に自分のための家を建てるだけでしょうからねぇ。

一喜一憂するの面倒じゃない?

家を買うことのナンセンスさは、「一喜一憂」が増えることにもあります。

家は精神的負債です。借金の残高、相場の値上がり、値下がりが気になるのはもちろん、地震や火災の心配もあります。病気になってローンが支払えなくなるのも怖いです。

「保険をかければ大丈夫!」とか、何を言っているかよくわかりません。そうやって「安心」のために固定費を増やしていくのも、まぁ人生といえば人生ですが…。

一喜一憂しないくらい裕福なら、高い家を買うのもいいと思います。が、庶民が借金などしてしまうと、精神的にきついと思うんですよねぇ。

ローンのことを考えて、高い固定費を背負いつつ、20年以上節約生活をする羽目になったり。自分で自分の首を絞めているような感じに見えてしまいます。

ぼくは家を買うとしても、「震災や火災で家がなくなっても、凹まないで済むような家」を建てるつもりです。自分の身の丈にあったサイズなら、借金する必要も、一喜一憂する必要もありません。

流動的である、ということ

結局大きな価値観の違いは、人生における「流動性」をどう捉えているか、なのでしょう。

ぼくはもっとも流動的である人が、もっとも安定的だと考えています。何ものにもとらわれない人は、危機に直面したときに、さっと身を翻して安全な場所に移動することができるでしょう。

しかしながら、そう考えていない人は多いようです。ぼくの目には、彼らは「安定=同じ場所にいつづけること」という思考停止をしているように映ります。

まぁ、そりゃたしかに公務員になって住宅ローン組んで…みたいな生き方は、短期的に見れば「安定的」です。が、危機には弱いですよね。自治体が消滅したら、国家が消滅したら、災害が起きたら、彼らは脆弱なその身をさらけ出すことになります。

その意味で、「安定を欲して家を買う」ような人は、マジで愚かだなぁと思います。それ、安定とは真逆ですよね。リスクを冒したい人のやることですよ、借金を背負うなんて。だからこそ、お金持ちは投資のために不動産を買うのでしょう。

35年ローンを組んで家を買う、なんて行為は1ミリも流動的とはいえません。動きにくくなるだけ。ぼくは直感的に、そういう選択肢は「ないな」と感じてしまいますね。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス