出典 http://www.apple.com

いよいよ9月25日に、iPhone6sが発売になります。

事前に予約した人、各ショップなどに並んでいる人、方法は違えど皆さんiPhoneを入手したいという思いは一緒です。

そんな国内外で注目を集めるiPhone6sですが、今回どんなことが変わるのか、そして使い勝手などを知りたい方も多いはず!

そこで今回は、iPhone6sの特に気になる変更点と、操作にまつわる便利な情報を紹介したいと思います。

iPhone6から何が変わったのか?

出典 http://www.apple.com

アップル社は、毎年iPhoneの新モデルをリリースしていますが、リリースを追う毎に新しい技術が搭載されています。

今回販売されるiPhone6sは、昨年発表されたiPhone6からどんな進化を遂げているのでしょうか?

大きさと重さが変わった!

出典 http://www.apple.com

6sの方が、6よりも若干ですが大きくなっています。

さて、ここで気になるのが「6で使用していたケースを転用できるのか?」という問題です。お気に入りのケースをお持ちの方もいらっしゃいますよね。

一部では流用できないのでは?という情報も流れていましたが、アップル社のHPにこんなヒントがありました。

シリコーンのフォルムが、iPhone 6sまたはiPhone 6の音量調節ボタン、スリープ/スリープ解除ボタン、なめらかなボディにぴったりフィットします。余計な部分は一切ありません。

出典 http://www.apple.com

これは、アップル社が販売しているケースの商品説明の文章なのですが、この記述によって6と6sのケースに互換性のあることが分かります。

6ユーザーの方、安心してください!使えますよ!

そして重さは14g、plusシリーズにおいては20g重くなっています。これについては、外装に使われている素材が関係していました。

歴代iPhone最強の素材を採用

出典 https://www.youtube.com

iPhone6に限った事ではありませんが、以前からお尻のポケットにiPhoneを入れて座るなどした際に「本体が曲がった」という人が続出していました。

そのため、6sからは本体の剛性を高めるために、今までとは違う素材を採用していたのです。

素材には、私たちがこれまでiPhoneに使ってきたアロイの中で最も強い7000シリーズアルミニウムを採用。

出典 http://www.apple.com

歴代iPhoneの中で、最も剛性の高い素材を採用したことで、本体重量が従来よりも重くなったのです。

丁寧に扱うことは前提ですが、より頑丈な仕上がりになっているので、長持ちさせたい方には朗報と言えるのではないでしょうか。

3D Touch機能が追加

出典 http://www.au.kddi.com

6sから搭載される「3D Touch」は、感圧機能です。

画面を触れる強さに応じて、電話やメール、その他の操作がワンタッチで行えます。目的の操作までのプロセスが簡略化されるので、大画面であっても操作が苦にならなそうです。

カメラ性能が向上

出典 http://www.apple.com

これまで800万画素だったカメラは、6sでは1200万画素にグレードアップしています。

オートフォーカスも素早いうえに正確で、素早く飛び去ってしまうチョウの姿もアップでしっかり捕らえられた。

レンズ設計が優れているせいか、逆光などの厳しいシーンでもフレアやゴーストはあまり発生せず、写真が破綻せずに済む点も特筆できる。

出典 http://trendy.nikkeibp.co.jp

画素数が上がったことで、より繊細な部分もしっかり撮影が可能になりました。

6s plusに関しては、光学手ブレ補正機能も搭載していますので、カメラにこだわりのある方は検討してみてはいかがでしょうか。

さて、新しいiPhoneをゲットしたら、必ずやらなければいけないのが「各種設定」です。

便利に使うために設定しておきたい項目も紹介します。

1. 視差効果をオフにする

Licensed by gettyimages ®

画面の傾きに合わせて、微妙にアイコンが動く視差効果…。見ていて気持ち悪くなってしまう方もいらっしゃいます。

「ごく普通の状態でいい」という方は、設定→一般→アクセシビリティで「視差効果を減らす」の項目をオンにしてみてください。

2. wi-fiの接続確認を無効にする

出典 http://www.teach-me.biz

今やwi-fiは、ノマドワーカーだけに留まらず、スマホユーザーにとっても大切な通信網の一つです。

しかし、新しいアクセスポイントを見つける度に表示されるのは、ちょっと面倒ではないでしょうか?

この「ワイヤレスネットワークを選択」の画面を消すには、設定→Wi-Fiで「接続を確認」の項目をオフにすればOKです。

3. Appのバックグラウンド更新をオフにする

出典 http://www.itspeedup.com

皆さんの中には、iPhoneの電池持ちに悩む方が少なくないはず。でも、もしかしたらその原因は、アプリのバックグラウンド更新によるものかもしれません。

別の App に切り替えた後、一部の App はしばらく実行を続けた後、一時停止状態になります。この状態の App は使用中でも起動中でもなく、システムリソースを消費することもありません。

App のバックグラウンド更新機能を使うと、こうした一時停止状態の App にアップデートや新しいコンテンツがないか確認できます。

出典 https://support.apple.com

バックグラウンド更新機能をオンにしていると、新しい情報が入るとアプリを自動的に更新して最新情報が表示されるようになるのです。

この際に電池を消費してしまうので、電池持ちが気になる方は設定→一般で「Appのバックグラウンド更新」をオフにすると消費電力を抑えることができます。

4. Appの自動アップデートをオフにする

出典 http://miki73.com

数あるアプリは、度々バージョンアップします。新しいものになった時、自動で最新バージョンに書き換えてくれるのが、この自動アップデートの機能なのですが、中には不具合を懸念している方も少なくないでしょう。

また、自動なのでこの機能が電池持ちにも少なからず影響を及ぼしています。

「勝手にアップデートされたくない」「電池持ちが気になる」という方は、設定→iTunes&App Store→「アップデート」をオフにしましょう。

オフにすることによって、アップデートするかどうかは使う人の判断に委ねられますし、消費電力も抑えることができます。

おわりに

Licensed by gettyimages ®

発売日に入手される方も多いiPhone6s。新しい機能も増え、実際に操作しながら個々の使い勝手を見つけていくのも、iPhoneの醍醐味の一つです。

是非お好みの設定をして、快適なiPhoneライフをお過ごし下さい!

この記事を書いたユーザー

週休二日制 このユーザーの他の記事を見る

動物が大好き。会社員であり、流浪のライターとしても活動。
興味を持ったことを色々書いてみます。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス