記事提供:CuRAZY

Facebookに投稿された1枚の手紙に注目が集まっています。それは、母のハイディ・ジョンソンさんが13歳の息子、アーロン君に向けたものでした。

YouTuberとしてお小遣い程度のお金を稼ぐアーロン君は、1人でなんでもできる気になっていました。すると段々、親に対する態度が悪くなっていったのです。

見かねたハイディさんは、息子に手紙を送りました。

アーロンへ

あなたが若干13歳であるということ、そして私の子どもであるということを忘れているようだから、独立することがどういうことなのか、少し書くわね。

これまで買ってあげた物の代金を払ってもらわないといけないし、これからは以下のお金を毎月払ってもらわないといけないわ。

家賃430ドル
電気代116ドル
ネット使用料21ドル
食費150ドル

それと月水金はゴミ捨てをして、部屋やトイレの掃除、料理、皿洗いまで、あなたの分は全てお願いします。

もしできなかった場合は私がやることになるので、家政婦代として1日30ドルを頂きます。

ただし、私の「ルームメイト」ではなく「子供」として接することを望むのであれば、交渉に応じます。


出典 https://www.facebook.com

少し厳しく聞こえるかもしれないこの手紙。シングルマザーのハイディさんだからこそ分かる「生活していくということの大変さ」が盛り込まれています。

実はこれ、家族や友達のみに公開するつもりが、間違えて誰もが見られる形で投稿してしまったんだそう。するとFacebookにはお母さんを応援する声が多数寄せられ、大反響を呼びました。

アーロン君とは話し合いを重ね、少しずつ彼の態度に変化が出てきているようです。母の強い気持ちが込められた手紙をご紹介しました。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス