上級生の子供を持つママとの交流も必要。

子供の年齢が同じ年のママ友は少なくても気にしないで。

これは筆者が4人の子供を持った上の経験から思うことでもありますが、
子育てをする上で同級生の子供を持つ親との交流が必ずしも全てでは有りません。

上の子供二人はすでに手が離れているのですが、この二人の子育てをしていく上で私にとって【教えてもらってよかった】と思える情報を提供してくれたのは自分の子供より年上の子を育てているママ友でした。

子供の同級生のママ友がたくさん居なきゃ!と必死に友達探しをするママさんと出会うことがあります。
それが決して悪いことだとは思いませんが同級生にこだわりすぎるのもどうなか?と感じるのです。

自分にとっての悩みや疑問を解決してくれるのが「年上の子を育てているママ」である事が多くあることを知ってほしいと思います。


進学や進級時のちょっとした疑問も相談できる

我が子を幼稚園や保育園に入ると決まった時【持ち物の用意】に関して悩む方が多く、実際に園への問い合わせも多いようです。
これは小学校入学・中学校入学など節目のたびに言えることですが些細だなと感じることでも子供のこととなると気になって仕方が無いのです。

筆者も一番上の子を保育園に入れる時に下着の種類まで気になった事を覚えていますし、中学入学のときはジャージや体操服のことまで相談した記憶があります。

例えば、子供の上靴を用意する場合に「絵柄がついているのは良いのか?」「マジックテープで着脱するタイプでもいいのか?」など、ちょっとした疑問が出てきます。
しかし、まだ通っていない園に問い合わせることを「聞きづらい。」と感じる親御さんは意外と多いのです。

そんな時は同じ園に通っているママさんに聞くことが出来れば即解決できますし、
お付き合いの密度にもよりますが「どんなものか見せてほしい」とお願いできる関係なら実物を見せてもらう事も可能です。

子育ての先輩だから知っている事。

子供が年上と言うことは→子育て経験もその分多いです。
そうなると、今時分が悩んでいることをママ友はすでに通り過ぎている!と言う事が多いです。


年齢的に起きやすいトラブルなど、事前に知っておくと心構えも出来ますし、
知らないより知っておくほうが安心なのでは無いでしょうか?
対処方法など経験談を聞くことも自分の今後に大いに役立つと思います。

同級生の子供のママしか友達が居ないと・・・

同じ歳の子を持つママしか友達が居ない・・・

それが悪いとは言いません、しかし同じ年と言うのは「比較」をしがちな環境です。
特に0~2歳など成長著しい時期は「比較」をしてしまいます。

「うちの子はまだハイハイしない、あの子は出来るのに・・・」
そんな風に周りの子供と比べてしまうこと経験ありませんか?
これが一緒に居るのが2歳の子供や3歳の子供だったら比べることなんてしないはずです。

同じ年と言うのは共通点も多くなりますので一緒に居て楽しいのですが共通することばかりが全てではないと筆者は考えています。
0~2歳あたりの子供は親元で保育される環境がほとんどですので、頻繁に遊んだり食事をしたりする時間が多い時期です。
そうなると思った以上に深入りする事にもなりますので、結果それがトラブルに発展するというケースが多いのです。

気がつくと周りに同学年の子供のママしか居ない・・・そんな人こそ、異年齢の子供を持つママさんと交流しましょう。

子供を持つということは子供を通しての交流も増えていきます。
その中から「子供の手が離れても交流するママ友。」が現れます。それが本当の意味での「友達」なのではないかな?と筆者は考えます。

卒業しても定期的に会う同級生のママ友
子供の手が離れても一緒に食事をする上級生のママ友
保育園で一緒に役員をやったママとの交流が子供が高校生になった今でも続いてるという人もいます。

ママ友は「友達ではない」と言う意見も一理有りますが「真の友達になる可能性を持っている。」と言うのも間違いないと思いますよ、

生涯を通して友達といえる、そんなママ友にめぐり合えると良いですね。

この記事を書いたユーザー

めぐ このユーザーの他の記事を見る

現在は専業主婦してます。

得意ジャンル
  • 育児
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス