大事なことを話し合える親子

子供が何も話してくれない。
私に秘密にしていることがある?
子供が離れていく。など、子供との関係性に悩む親は多いです。
特に思春期になると子供は自分のことを話さなくなり、学校で何があったか教えてくれない子供も多いです。
しかし、【話してくれない】から【仕方が無い】で済ますのではなく【話せる環境】を意識して作ることも大事なのです。

以下の記事は筆者が書いた記事なのですが「親の気持ち」を子供に伝えることはとても大事で、親子の会話が悲しい事件も防ぐことが出来るのです。

否定しない。怒らない。

子供に対して【何があっても私はあなたの味方】だと伝えてあげてください。
勿論、人として悪いことをしない!っていう前提での話です。

全力で守り抜く意思があることを伝える事で子供は【何か気になることがあれば、まずは親に相談しよう。】と考えるのです。

そしてここからが重要です
子供伝えてきたことの内容を頭ごなしに否定したり、理由も聞かないで怒らないこと!これを徹底してほしいのです。


「なんでも話しなさい、ママは貴方の味方よ。」と言っているのに、
相談を受けたら「それはダメよ。」なんて否定形の言葉を出してしまったら子供は【今後は言うのを辞めよう】と思いますよね・・・

とにかく、内容が悪いと思えることでも最後まで話しを聞き、なぜそのような結果になったのか?など深く話を聞いた上で「こうしたほうがいいかな?ってママは思うのね。」などと提案形式で子供に伝えるのです。
親だからこそ、頭ごなしになってしまうのが一番問題なので、否定しない事を徹底して欲しいのです。

信じている

人として立派に育てたいのが親の本音、でも親自身が立派だと言い切れるでしょうか?
親自身も未熟な人間なのです。 
だからこそ、子供と共に成長していきたいですね。
筆者も子供のお陰で成長させてもらっている部分が多々あると感じています。

子供は親の言うことを聞いておけばいい。
養ってもらっているんだから逆らうな。
まだ子供なんだ!親の言うことを聞くのは当たり前。

そんな事を言われて育った人も居ると思いますが、子供ながらに【理不尽だ】と感じませんでしたか??
子供時代に言われて嫌だと思ったことは決して子供に言わないで欲しいです。

子供に「何があっても味方だよ」と言う言葉と共に、
「一人の人間として信頼しているよ、あなたを信じているから。」と伝えてあげてください。
子供との関係に悩んでいるなら、魔法の言葉を活用してみてください。

この記事を書いたユーザー

めぐ このユーザーの他の記事を見る

現在は専業主婦してます。

得意ジャンル
  • 育児
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス