仕事や学校は嫌いじゃないけど、休みが終わるのはちょっと寂しい。

Licensed by gettyimages ®

このように感じられる方は多いのでは無いでしょうか。今日は、休み明けの学校や仕事を上手に乗り切るコツをご紹介します。

連休明けは仕事が溜まっているからこそ、無理をしすぎないこと。

Licensed by gettyimages ®

たまった仕事に焦って取り組んで、結果的に疲れてしまってはせっかくの休暇も台無し。そんなときは、マイペースにお仕事をしましょう。

仕事始めは「ルーチンの仕事や、挨拶回りだけで1日を過ごす」といった軽い仕事にとどめておくことで、「ストレスを感じることなく、『初日はこれだけすればいいや』と軽い気持ちで休暇明けを迎えることができます」としている。

出典 http://www.j-cast.com

あえて少し早い電車に乗る。

Licensed by gettyimages ®

ラッシュ時よりも空いている電車に乗ることが出来ると通勤のストレスも大幅に軽減することが出来ます。いつもより少しだけ、早起きをしてみるのも良いかも知れません。

早いことは何においても心の余裕・アドバンテージになります。誰もいないオフィスの、久しぶりの自分の席でゆっくりコーヒーを飲む。持参した本を読んでもいいし、音楽を聴いてサイキングアップをしてもいいでしょう。

普段より20~30分でも早く出社するだけで、同じ場所でも流れる時間は違ったものになります。これは実際に何度も経験済みですが、一番乗りで出社すると、次に来たのが上司でも自分のオフィスに出社してきた部下を迎えるような上から目線の感覚になれます。

出典 http://any-stress.com

オフィスに早出をしたくないという場合は、朝カフェもおすすめ。

Licensed by gettyimages ®

朝、お気に入りのカフェでコーヒーやカフェラテを戴きながらリラックスするのも、モチベーションがあがって良いですよね。自分が過ごしてみたい朝の過ごし方を実践しましょう。

数日出勤すればまた土日ですが、土日に関係ない不定休の方、次の休みまで遠い場合には気持ちが保てないことがあります。

朝起きたら洗面台の鏡に映る自分にかける言葉は「次の休みまで頑張ろう!」ではなく、「今日1日頑張ろう♪」にして下さい。

出典 http://any-stress.com

仕事や学校のサイクルに体が慣れてくるまでの間は、今日1日頑張ろうという目標で充分です。

臨床心理士の菅野泰蔵氏は、「長期休暇が終わる2~3日前から、生活を元のリズムに戻す」べきとしている。休みが終わる直前は1日中出かけて遊ぶなどのエネルギーの消費は極力控え、メールのチェックや企画を簡単に思い描くなど肩慣らし程度の仕事をやっておくことも勧めている。

出典 http://www.j-cast.com

次の連休からはこのように過ごされることも、おすすめです。

仕事終わりの楽しみを見つけて集中してお仕事。

Licensed by gettyimages ®

連休明けこそ、定時で帰りたいもの。そんなときはお出かけしたい場所を決めて、そのためにお仕事をスピードアップで頑張るのも手です。

昼休みから退社時までのモチベーションとなるものをセットします。あなたの好きなものは何ですか?それを仕事終わりのご褒美にしましょう。

服が好きならショップへ。映画ならレンタルショップへ。その他スイーツでもゲームでもカラオケでも本でもビールでも良いので、あなたの楽しみになるようなものを1つ用意しておきます。とりあえず、鼻先にニンジンをぶら下げて今日を乗り切りましょう。

出典 http://any-stress.com

こんな風に思っていると、明日からの仕事や学校も楽しくなりそうですね。お休みの日、お仕事の日、学校の日と、メリハリを付けて毎日頑張りましょう。

この記事を書いたユーザー

山本明日香 このユーザーの他の記事を見る

講談社:VoCE読者ブロガー「VOCEST」3期生。スワロフスキーアーティスト。ヨガ、ストレッチを中心としたボディメイク、ヨーロッパのファッション・ライフスタイルなどを発信するのが得意!ダイエット検定1級取得。Webライティング能力検定1級合格 ◆美容ブログ:http://ameblo.jp/asukaproduce/

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス