カーソンがUPSから受け取った特別なプレゼント

出典 YouTube

幼年のマコーレ・カルキンのような表情がかわいらしいと、アメリカで評判になっています。

UPS(ユナイテッド・パーセル・サービス)の「あなたの夢を届けます」キャンペーンの一環で、4歳の少年の夢が叶いました。

UPSドライバーになりたい!カーソンはUPS(ユナイテッド・パーセル・サービス)のドライバーにあこがれる4歳の男の子。

カーソンには牛乳アレルギーがあります。
UPSドライバーのアーニーは、カーソンが生まれてから週に2、3回、病院からの人工乳を届けにカーソンの家を訪れていました。

”カーソンが二歳半くらいの時かしら。車を見るかい?ってアーニーがカーソンを誘ってくれたの。カーソンはアーニーと一緒に一目散に飛び出していったわ”

アーニーが外を通ると家の中からじっとトラックを見送るカーソンに、アーニーはクラクションと手を振って応えます。時にはカーソンとの時間を作り、トラックを見せることもありました。ドライバーのアーニーとカーソンの間に友情が生まれます。

いつしかカーソンは
”ミスター・アーニーみたいなUPSのドライバーになりたい”
と願うようになります。

カーソンのお気にいりはUPSごっこ。自分用の小さなUPSの制服と帽子をかぶり、クレヨンで描いた地図でルートを確認して、ご近所にクッキーやマフィンを配達に行くのです。

”カーソンはアーニーから交通ルールも教えてもらったわ。『歩いて配達するんだよ。決して走っちゃだめだ』って”

”アーニーはカーソンンのような小さな子にも親切で謙虚なの。アーニーはカーソンのお手本になっているの”

カーソンのお母さんはそう語ります。

出典 https://www.youtube.com

「用意はいいかい?今日は君にプレゼントがあるんだ」ある日、UPSのトラックが通りかかり、カーソンの家の呼び鈴が鳴ります。慌ててカーソンは急いで玄関に向かいました。

「ミスターアーニー!」
そこにいたのはUPSドライバーのアーニー。
アーニーは配達ルートが変わったために、しばらくカーソンの家を訪ねることはできませんでした。

カーソンはアーニーに抱き着いて喜びます。

アーニーと一緒にUPSのトラックへ向かうと、荷台から下りてきたのはカーソン仕様のミニUPSトラックでした。

出典 https://www.youtube.com

カーソンは一日配達員として、アーニーと一緒に配達に回ることになりました。

出典 https://www.youtube.com

荷物をパッキングし、送り状を貼り、手書きの地図で配達ポイントをチェックします。

出典 https://www.youtube.com

ご近所さんに荷物を届けます。
「あらあら、またトリックオアトリートかしら?」
「ううん。今日はパーティだよ!」

「これ、ワンちゃんに」
「あら、ありがとう」
荷物を届けて、送り状にご近所さんからサインをもらいます。

カーソンは、こうして夕方になるまで配達の仕事を続けました。

出典 https://www.youtube.com

カーソンは出会った中でも本当に特別
アーニーさんは言います。
”カーソンはずっとUSPドライバーになりたがっていた。今日はその夢が叶ったんだ”
”これまでこの仕事を25年続けてきました。たくさんのすばらしい人々と出会ってきたけれど、カーソンは特別なんです。私の目立たない配達という仕事を、より価値あるものだと思わせてくれました。

カーソンの一生懸命な配達ぶりに心洗われる人も多いのではないでしょうか。

この記事を書いたユーザー

Lucas このユーザーの他の記事を見る

発達障害(ADD・注意欠陥障害)の子供がいます。発達障害のことや料理、旅行のことなど自分の気になる諸々を記事にしていけたらと思っています。*海外の記事は意味が外れすぎない範疇で簡略・意訳してあります。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス