世界23カ国、40以上のフォトショッパー(フォトショップを使い写真の編集や加工などを行っている人)に、『アナタの国で最もポピュラーなメイクを施して下さい!』とメッセージを添え、↑の女性写真を送った…壮大なプロジェクト。これがとっても魅力的だったので紹介したいと思います。

南アメリカ南部に位置する連邦共和制国家『アルゼンチン』のフォトショッパーから送られてきたのが↑の画像。音楽をこよなく愛し、タンゴが有名なアルゼンチン。ちょっと濃い目のメイクではありますが、美的感覚が国によって、いかに違うかがわかって頂けたのではないでしょうか?

コチラはオーストラリアのフォトショッパーから送られてきた写真。この画像を見るに、オーストラリアの場合、美しさよりも、可愛らしいメイクの方がポピュラーなのかもしれませんね。では、国によって、どれほど“メイク”に違いがあるのか?を検証した…世界23ヵ国のメイクプロジェクト。一挙にご覧下さい!

バングラデシュ(Bangladesh)

ブルガリア(Bulgaria)

チリ(Chile)

ドイツ(Germany)

ギリシャ(Greece)

インド(India)

インドネシア(Indonesia)

イスラエル(Israel)

イタリア(Italy)

ケニア(Kenya)

モロッコ(Morocco)

パキスタン(Pakistan)

フィリピン(Philippines)

ルーマニア(Romania)

セルビア(Serbia)

スリランカ(Sri Lanka)

イギリス(United Kingdom)

ウクライナ(Ukraine)

アメリカ(USA)

ベネズエラ(Venezuela)

ベトナム(Vietnam)

いかがでしたか?

25歳のフリージャーナリスト“Esther Honig”さんが行った魅力溢れるプロジェクト。個人的には最後の、ベトナムのメイクが一番好きですが、まさか、これほどまで国によって違いが出るとは…本当に驚きですね。

文化的な“美しさ”の違いも表現されている…ユニークすぎるプロジェクト。以上、『同一女性を23ヵ国の人々が画像編集ソフトを使ってメイクアップ!その結果はいかに?』でした!

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス