【プロフィール】
福岡県福岡市出身。身長 185cm、体重 99kgポジションはフルバック。日本代表キャップは54。(2015年9月20日現在)ニックネームはゴロウ。血液型はB型。

【経歴】
3歳でラグビーを始める。小学校4年から6年まではサッカーに専念し、福岡市選抜に選ばれたこともある。同市南区老司中学時代はサッカー部とラグビークラブに所属。佐賀県立佐賀工業高等学校時代には3年連続で花園に出場(いずれもベスト8)。U17日本代表にも選ばれる。早稲田大学スポーツ科学部に進学し、1年時よりフルバックのレギュラーとして活躍。全国大学選手権優勝を経験。
2005年3月、日本代表に選出。2005年4月16日、対ウルグアイ戦で日本代表デビューを果たした。
2002年に行われた高知国体では、兄の亮と共に出場し、優勝。
2008年4月、トップリーグのヤマハ発動機ジュビロに入団。2010年9月4日の対NECグリーンロケッツ戦で、1試合でのトップリーグ新記録となる8ペナルティゴールを記録。
2011年2月5日、2011-2012シーズンの得点王(182得点)およびベストキッカー(38G/32PG)を初受賞した。
2012年1月6日、2012-2013シーズンの得点王(160得点)およびベストキッカー(40G/25PG)を2年連続2回目の受賞を果たした。
2015年、ラグビーワールドカップ2015の日本代表に選ばれる。

出典 https://ja.wikipedia.org

南アフリカ相手に劇的な逆転勝利を収めたラグビー日本代表。

正確無比なキックでチームを牽引し、計24得点を挙げる大活躍をみせた“五郎丸歩”選手が、その男前なルックス、独特のおがみポーズ等でメディアの話題をさらっています。

ここで、実はラグビーに全く興味が無い私(すみまっせん)が思ったことは、ただ一つだったのです。

五郎丸って!

珍しい名字!

聞きなれない名字です。サイトによると全国に千人程度いらっしゃるとか。

現福岡県北部である筑前国那珂郡五郎丸が起源(ルーツ)である。近年、福岡県南部である筑後地域、山口県、広島県に多数みられる。富山県小矢部市、広島県甲奴郡、熊本県山鹿市などに地名がある。石などのゴロゴロしている場所や川、山などの石の多い場所、五郎という人物の居住地、開拓地が由来。

出典 http://myoji-yurai.net

“五郎丸”駅はこんな感じ

私の暮らす福岡県久留米市内に「五郎丸」はありました。あったことに気付きました。灯台下暗し、だったのです。

西日本鉄道甘木線「五郎丸」駅です。福岡市と大牟田市を結ぶ本線から分岐した甘木線は、単線区間に12の駅があり、二両編成で運行しています。車窓から眺める景色はのどかな田園地帯で、夜になるとまるで地下鉄みたいに真っ暗です。

昼間無人駅!

さて、駅員さんに突撃インタビューを試みようとしたら…。

ありゃありゃ。駅員さんは早朝から10時まで、夕方から夜までしかいないようです。一日の乗降人数はおよそ500名程度らしいです。

田舎
ですね。

ちなみに、甘木線ルール

ワンマン運行の甘木線には、時間帯によって開かない扉があるため、少々ルールを知っておく必要があります。ラグビーのルールよりかは簡単でしょう。

駅舎の裏手を流れる水路に風情は…あるか

とにかく狭い駅です。駅の裏に流れる水路はさながら水郷“柳川”のミニサイズみたいで儚げな趣きを与えてくれます。嘘です。濁った茶色のドブ川です。周囲は住宅街であり、二階建てのアパートメントハウスが密集しています。五郎丸選手効果で人気エリアになるかも知れませんね。

よし。おがみましょう!

甘木方面へ一礼します。ふざけて、空き缶かんからこーん、なんか良い子は絶対にやっちゃいけません。

宮の陣方向にも、一礼します。キックの真似でペットボトル蹴ったりしたら駄目ですよ。公共の場所はみんなで気持ち良くマナーを守りましょう。キックは国会議事堂でお願いします。

兎に角、ラグビー日本代表、全国の五郎丸さん、西鉄甘木線、まとめて応援します!国会議事堂にはションベン、ですけどね。

この記事を書いたユーザー

久留米の爪切り このユーザーの他の記事を見る

男は久留米という砂漠の中の一粒の砂であり、クルマ、金、女に縁がないライター志望の孤独で吝嗇な三十路だった…http://ameblo.jp/kt660cc http://tabelog.com/rvwr/002224433/

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス