これまで、個性的でオリジナリティー溢れる”タトゥー”をたくさん紹介してきましたが…

今回紹介するタトゥーは、 20世紀最大の芸術家”パブロ・ピカソ”からインスピレーションを受けたアーティストによる作品でして…

もはや完全にアートと言っても過言ではないほど…美しすぎる作品を手掛けたのは、ドイツ、ベルリンを拠点に活躍するタトゥーアーティスト”Peter Aurisch”さんになります。

シビれるほどアーティスティックに描かれたデザイン。これは全て彼のオリジナルデザインなのですが、デザインの素晴らしさも然ることながら、驚くのは、全て、下描きせずに一発本番で描かれたモノであるということ。

『出来上がってからのお楽しみ!』

って、一生モノのタトゥーでは絶対にありえないと思うのですが、こんな素敵な作品なら、お客さんはきっと大満足。感動するに違いありませんね。では、世界中にファンを持つ”Peter”さんの、ハイセンス過ぎる作品の数々。ご覧下さい!

いかがでしたか?

ピカソタッチで描かれた作品が特に目立ちますが、象徴主義を代表する画家“グスタフ・クリムト”や、“エゴン・シーレ”からも、インスピレーションを受けているとのことです。

タトゥーを入れるなら“Peter”さんにお願いしたい!と本気で思うほど…素敵な作品の数々。なお、他にも、彼のInstagramには魅力溢れる作品が、たくさんアップされていますので、興味を持った方は是非、“Peter”さんのInstagram。覗いてみていかがでしょうか?

一風変わったタトゥーは↓コチラからどうぞ!

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス