こんなキュートなブックカバーが作れます。

こんなキュートなブックカバーはいかがでしょう。
実はこれ、針も糸も不要。手ぬぐい1枚で包むのも外すのもとっても簡単なのに、驚きの安定感で大切な本を包んでくれます。

ふざけたマンガもそれらしく見えるから不思議。
私も外出時には本を持ち歩くことが多いので、手ぬぐいでチャチャっとカバーを作って本を持ち出しています。

色とりどりのお洒落な手ぬぐい

近頃の100円ショップはとってもバラエティに富んでいて、手ぬぐいもシンプルなものからポップな柄まで、沢山の絵柄が並んでいます。

大切な本をどれで包もうかな?
そんな想像をしながら選ぶ時間もわくわくします。

ブックカバーの作り方

1.

手ぬぐいを縦に2つに折ります。

2.

手ぬぐいの左右から真ん中に背表紙を合わせて、本を置きます。

3.

左半分を右に折り返し、本にかぶせます。

4.

本からはみ出している部分を折り返します。

5.

4をそのまま裏返して、反対側も同じように、本からはみ出ている部分を折り返します。

6.

折り返した部分が下になるようにして、そっと手ぬぐいを広げます。

7.

手ぬぐいの上の本を、いったん手ぬぐいの隣へ移動します。

8.

本の大きさに合わせていきます。手ぬぐいの上の部分を折り返します。

9.

本の縦の長さに合わせて、下からも折り返します。

10.

下から折り返した手ぬぐいに、上から折り返した手ぬぐいを挟み込みます。

11.

左右にできたポケット状の部分に、本をはさみこみます。

12.

本の形に合わせて手ぬぐいの形を整えます。

13.

完成です。
柄の切り替え部分もできるので、柄によってもずいぶん印象が変わります。

参考☆別の手ぬぐいだとこんな感じに…。

私のお気に入り。
手ぬぐいを変えると、雰囲気もずいぶん変わります。

参考☆15秒で解説‼手ぬぐいブックカバーの作り方

出典 YouTube

あら便利!手ぬぐいの魅力。

お店には色とりどりにきれいな手ぬぐいが並んでいても、私も最初は、一体何に使うんだろうと思っていました。が、こうして利用してみると、手ぬぐいならではの魅力が沢山あることに気がつきます。

・身近なところで手に入る。
・デザインが豊富で選ぶ楽しみが持てる。
・触り心地が良く、肌にやさしい。
・何度でも洗濯をして繰り返し利用できる。

手ぬぐいの良さに気がついてからは、本屋さんで「ブックカバーはどうなさいますか?」と聞かれても「いりません」と言うようになりました。

ささやかなエコですね。

この記事を書いたユーザー

YOU このユーザーの他の記事を見る

1977年生まれ / AB型 / 息子がひとり / 看護師 / 文章を書くことが好きです。

得意ジャンル
  • インテリア
  • 育児
  • 暮らし
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • キャリア
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス