空手の形(かた)を競う競技があったり、サッカーの基本技術であるリフティングなど、ボール扱いの技術に特化したフリースタイルが独自の進化を遂げたように、テコンドーにもフリースタイルがありました。

そんなテコンドーのフリースタイルの選手たちが集まった大会が、韓国のソウルで開催されました。

板を割る高さや角度、回転などの凄さを競うフリースタイルのテコンドーは、まるで少林サッカーさながら。

テコンドーだけでなく、カンフー、カポエイラ、空手、体操、ブレイクダンスなど、様々な分野から集まった16人のエリートアスリートたちの競技は圧巻です。

生身の人間が、こんな高さまでジャンプして、さらに何回転もしながら分厚い板を叩き割る(蹴り割る?)ことが出来るんですね…。

出典 YouTube

その圧巻のパフォーマンスに、ただただ見とれてしまう映像でした。

この記事を書いたユーザー

wagibank このユーザーの他の記事を見る

広告代理店に勤務している傍らフリーのライターとして活動中。職業柄、最新の話題に常に触れているため、皆さんに楽しんでもらえるような記事を作っていければなと思ってたりします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス