Instagramに投稿されている写真はオシャレなものが多いですが、「Photo in Photo」で少し違う写真を投稿してみませんか?

ひと工夫するだけでいつもと違う雰囲気になる「Photo in Photo」をご紹介します。

「Photo in Photo」って?

その名の通り、写真の中に写真があるもの。

普通は風景や人を写した写真1枚だけを投稿することが多いですが、「Photo in Photo」の場合は、写真の中に写真がある状態になります。

「Photo in Photo」の方法は?

「Photo in Photo」をするには様々な方法があります。
まずはチェキを活用すると、とても簡単に「Photo in Photo」ができあがります。

このようにチェキで撮った写真を持って、実際の遊具に重なるようにしてスマホで撮影すると、「Photo in Photo」が完成します。

2人以上の写真のときはスマホを複数活用!

2人以上の写真の場合は、それぞれが持っているスマホを有効活用♪
1人でも、2台以上スマホやデジカメがあれば両手で使い分けて「Photo in Photo」を撮ることができます。

ケーキの写真を撮っている人のスマホの画面がメインになるように、もう1人がさらに上からその風景を撮ります。これだけで「Photo in Photo」に!
2人以上だととてもカンタンにできます♪

この写真の場合は3人いることになるので、1人が足元を撮ってもう1人がその上からスマホや足元を撮ることで「Photo in Photo」になります。

同じ場所で昔と今を一緒に撮ったり

「Photo in Photo」は、プリントした写真やチェキを手に持ってもできることなので、幼少の頃の写真を活用するとすごくいい写真になります。

ポイントは、人物と風景がよく写っていること。
周りの風景がわかりやすいほど、この方のように現在の風景と重ねて「Photo in Photo」ができ、とても感動的な1枚になります。

いつものインスタ写真にひと工夫♡

「Photo in Photo」は昔と今を一緒に撮ることができるので、最近ではウエディングでも使われることが増えている様です。

ふだんの写真も、少しひと工夫して「Photo in Photo」にしてみても面白そう♪メインとなる題材もよく考えると、いい1枚になりそうです。

こちらの記事も読まれています

この記事を書いたユーザー

milkteagirl このユーザーの他の記事を見る

神戸出身✈︎東京在住。
K-POP(2PMの大ファン♡)、韓国グルメ&トレンドなどを中心に書いています♩

得意ジャンル
  • 音楽
  • 海外旅行
  • グルメ
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス