沼津といえば深海魚

静岡県沼津市といえば、今は深海魚で有名な街になりつつあります。
というのも、沼津港が面している駿河湾は、日本で一番深い湾なんです。
そこではたくさんの深海魚が獲れるんですね。

そのため、「沼津港深海水族館」を中心に、深海魚で盛り上がっています。

深海魚は、見るだけじゃありません。
ちゃんと食べられるんです!

とはいえ、普段私たちがスーパーで買っているお魚の中にも「深海魚」はいます。
たとえば「あんこう」「太刀魚」「金目鯛」などです。
でも、沼津ではもっと珍しい深海魚を食べられます!

では、さっそく深海魚を食べてみましょう。

初心者メニュー 深海魚バーガー

沼津バーガーで食べられるのが「深海魚バーガー」です。

メギスという深海魚を使ったフライが挟まっていました。
白身で柔らかく、とても食べやすいです。
初心者でも安心の深海魚メニューでした。

中級者向け おまかせ深海魚寿司

いろいろなお店で深海魚寿司を食べられるのですが、今回は「DONどこ丼」で「おまかせ深海寿司」を食べてみました。

その日のお寿司は、アブラボウズ、桜えび、ホタルイカ、メダイ、金目鯛でした。

特に美味しかったのが「アブラボウズの炙り」。
癖のない白身で、しこしことした歯触りがおいしかったです。
高級魚「クエ」に似た脂ののった魚ですが、食べ過ぎは厳禁というところがいかにも深海魚です。

上級者向け?深海魚丼を楽しむ

そして、最後は深海魚を丸ごと楽しみたいので、深海魚丼を頂きます!
2~3人前の巨大なものもありますが、1人用もあるので助かります。

この日の深海魚丼は、オオコシオリエビ、メヒカリ、メギス、メダイ、桜えびなどが入っていました。

見た目のインパクトがものすごいです。

メヒカリの唐揚げです。
まるでシシャモのように柔らかく、食べやすいです。
ご飯がどんどん進みます。

メギスは焼いてありました。
こちらも頭から食べられるやわらかさ。
身がホロホロと崩れやすくて、筋肉質じゃない感じが深海魚っぽいですね。

どの魚も見た目は今一つですが、それぞれに合った調理法で、問題なくおいしく食べられました。

みなさんも楽しんでいます!

出典 http://ameblo.jp

普段ではなかなか食べられない深海魚。

シルバーウィークは、沼津でいろいろな味を楽しんでみませんか?

この記事を書いたユーザー

みみ このユーザーの他の記事を見る

東京の気になるものを見に行くブログ「お出かけ大好き みみみのごはん」を書いています。
写真多め、おいしいもの多めのお出かけブログです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス