最近噂のフリマアプリ、メルカリ。
フリマ自体が初めての私でも、半年で20万円売り上げることができました。

出品するものや方法のコツをつかめば、売り上げが随分と違ってくるのです。

そこで今回は、メルカリについてまとめてみました。

メルカリとは

メルカリとは、スマホから誰でも簡単に売り買いが楽しめるフリマアプリのことです。

基本手数料は無料ですが、出品者は商品が売れた場合手数料として販売価格の10%がかかります。

それでは次に、出品する際のコツをお話したいと思います。


売値の設定はやや高めにする

ヤフオクなどオークションと違い、メルカリはフリーマーケットですので、購入者は値下げ交渉をしてくることが多いです。
ひどい場合には設定金額の半額以下で交渉してくる人も。

もちろん値下げに応じないのもOKです。
ただ、少し値下げに応じたほうが購入者はお得感を感じるため購入につながりやすいです。
逆に設定金額を高くしすぎると、全く誰も反応しなくなります。
そのため、やや高めに設定するのがよいでしょう。


「いいね」がつかない商品は価格の見直しを

メルカリには「いいね」機能があります。
気になった商品にいいねをつけておくと、後に一覧で見ることができるのです。
「いいね」の全くつかない商品は、設定価格を見直してみましょう。


商品説明はわかりやすく、誤字や脱字に気を付ける

オークションは出品者と購入者の信頼関係の上に成り立つものです。
ひどい出品者は、
・商品説明と違うものを送ってくる
・汚れやほつれの表記がないのに届いたものはボロボロ
・髪の毛がたくさんついている
・発送したと通知してきた日に実際は発送しておらず、随分たってから商品が届く
など様々な人がいます。

そのため、商品説明が不十分だったり、誤字脱字が多かったり、ギャル文字ばかりだったりすると、その出品者から購入することを躊躇う人もいます。


毎回の取引を丁寧にする

メルカリには個人に評価があり、「良い」「普通」「悪い」の3種類に分類されます。
通常の問題のない取引では取引終了後、購入者、出品者ともに「良い」をつけることが一般的です。
また評価にコメントを添えることができ、その評価は他人からも閲覧できるようになっています。
そのため不誠実な対応をした場合は、理由も兼ねて公表されることになるのです。
「悪い」が多い人から購入はしたくないですよね。

また購入した場合でも、出品者からの評価がありますので、取引の際には言葉遣いに注意し、不快な印象を与えないように注意しましょう。


売れない場合は再出品する

メルカリの出品数は膨大です。
売れなければ新しい出品に押されて、どんどん埋もれてしまい人目につかなくなってしまいます。

そのため「いいね」がついている商品でも、定期的に出品し直すと突然売れることが多くなります。


では、どんなものが売れるの?

不要になったもので、出品規制(現行通貨や商品の存在しないギフトコード類、女性の下着など)にひっかからないものなら基本何でも出品してみましょう。
自分にとっては不要で価値のないものでも、喉から手が出るほど欲しい人がいる場合もあります。

それでは次に、私が出品したものをいくつか紹介したいと思います。


ウエディングドレス

今回、一番大きな売り上げとなったのが、使い終わったウエディングドレスでした。
セミオーダーのドレスで買い取りだったのですが、結婚式が終わってクリーニングした後、タンスの肥やしになったまま使い道がなかったのです。
40万円ほどしたドレスでしたが、ドレスをリメイクするにも、ベビー用品を仕立て直すにも更にお金がかかってしまう...。
ダメ元で出品してみたところ、10万円で買い手がついたのです。
かなり高い買い物になるので、よほど好みと条件に合った場合にしか売買は成立しないと思いますが、出品するだけなら無料なので試してみてはいかがでしょうか?


チケット類

チケット類は、前まで出品規制対象でしたが最近解禁された人気カテゴリーとなっています。
もらった映画のチケットや割引券、いけなくなってしまったライブのチケット、フィットネスクラブの施設利用券などお手元にありませんか?


DVDやCD

昔好きで集めていたけど、熱が冷めて不要になったDVDやCDはありませんか?
最近ファンになって、昔のCDの初回限定版が欲しい!という人もいます。


最近実写化ブームで、昔流行った漫画が注目されることが多いですね。
そのブームにうまく乗っかれば、古本屋で売るよりかなり高値で売ることができます。


ベビー用品

育児が一段落し、次の子供を産む予定がなくなった場合、大量のベビー用品が残りますよね。
友人に譲ったり、バザーに寄付するのもいいですが、新品でも中古でもベビー用品の需要は意外と高いのです。


化粧品

「試しに買って使ってみたけど、肌にあわない。」
そんなことってありますよね。

化粧品は中古でも需要は高いのです。
合わないからと捨てるその前に、一度出品してみませんか?


おわりに

出品するには、質問や取引メッセージの対応、梱包、発送などいろいろありますが、慣れてしまえば簡単です。
断捨離も兼ねて、身の回りの不要物を出品してみてはいかがでしょうか?

この記事を書いたユーザー

ぽんた このユーザーの他の記事を見る

2歳の息子の育児に奮闘中です!

得意ジャンル
  • 育児

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス