カメラ好きには欠かせない、大切なカメラ!
ご自宅ではどのように保管されていますか?

カメラは意外にもとっても繊細な機器なのです。

生活の中で発生する埃

私たちの自宅には、常に埃が舞っていますので、カメラをそのまま置いてしまうと、埃まみれになってしまうのです。レンズ交換の際に埃やチリがカメラの内部に入ってしまい、撮影する際にデータに黒い汚れが写ってしまったという経験をしたことがある人もいるのではないでしょうか。

出典 http://www.aims-e.com

また、埃1グラムの中に、カビがなんと13万個も潜んでいるのです。
レンズの中にカビが生えてしまうというケースもあるのです。
高級なレンズであればあるほど、ショックは大きくなってしまいますよね。

ご存知の方も多いようですが、カビは高温多湿を好みます。ちょうど梅雨前の5月から10月にかけて発生しやすくなりますね。気温が20度以上、湿度が60%以上となると危険ゾーンです。特に6月や7月は要注意です。

また、カビの成長に必要な養分は、人間の油脂や指紋、ゴミやホコリです。高温多湿+栄養豊富な油ギッシュなレンズはカビにとって最高の環境といえましょう。

出典 http://diji1.ehoh.net

レンズにカビが発生してしまったら・・

レンズ内部までカビが発生してしまった場合、分解クリーニングが必要となります。さらにカビの菌糸がレンズのガラス内部まで侵食している場合は、クリーニングでも除去できないため、レンズの一部分を新品に交換修理することとなります。

出典 http://diji1.ehoh.net

初心者には無理なので、必ず専門家へ依頼をするようにしましょう。レンズによっては数万円かかってしまうケースもあるのです。

一眼レフカメラやミラーレス一眼を持っているという人の中にも、埃やカビに対する知識が少ないという方も多いので、カビが生えてしまう前に対策をとることをおすすめします。

一眼レフカメラの保管の注意点

1.カメラを使用後は、カバンに入れっぱなしにしない

やってしまいがちな方法ですね。カバンにしまっておけば埃から守ることができるし汚れる心配がないと思いがちですが、しまい込んでしまうとカビが生えていても気が付かないケースが多いのです。

2.カメラやレンズが汚れていても放置してしまう

カメラを使った後は、次に使うまで汚れも拭かず放置してしまうという事は絶対にやってはいけません。レンズに油脂や指紋がそのままついていたり、ごみや埃がついていることがありますので、きちんと綺麗にしてから収納をしましょう。

3.風通しのいい室内に置く

風通しのいい場所に置いたほうがいいだろうと思っている方もいるかもしれませんが、実際には湿気の時期、梅雨の時期には逆効果なので、注意をしましょう。

思っている以上にカメラは繊細なので、カビが生えてしまわないように大切に保管をしてカメラを守りたいですね。

では、どのように保管をしたらいいのでしょうか。

ドライボックスを使おう!

出典 http://www.amazon.co.jp

このようなドライケースと一緒に乾燥材を入れておくだけで、カビや埃からカメラを守ることが出来るのです。自宅での保管も楽になりますし、収納スペースも幅を取らず嬉しいですね。

出典 http://www.amazon.co.jp

5.5l、9.5l、15l と、大きさに種類がありますので、持っている機材の大きさで選ぶことが出来るのです。低予算でカメラを守ることが出来る手軽なケースです。冬も室内の寒暖の差が激しくなりがちですので、1つは持っているといいでしょう。

防湿庫を使おう!

出典 http://www.amazon.co.jp

カメラの冷蔵庫のような除湿庫は、オートクリーンドライなので自動で湿度の管理をしてくれるのです。湿度が高すぎても低すぎてもカビの危険性がありますので、手間をかけずに自分のカメラを守ってくれるという優れものなのです。

レンズをつけたまま収納することもできますので、カメラを使った後は手入れをして、除湿庫へしまっておくだけでいいのです。カビが生えてしまった時の修理代を考えると、除湿庫の購入を検討してみてもいいですよね。

いつでも綺麗な写真を撮る為に、心がけていきましょう!

愛するお子さんの写真や、風景写真など、撮りたい時に写真を撮り続けていきたいですね。カメラ女子も急増していたり、一眼レフカメラの所持率が上がっている中でも、カメラの保管方法を知らずにいるという方は多いと感じられますので、大切なカメラを守り、美しい写真を撮り続けていきましょう。

こちらの記事もおすすめです♪

この記事を書いたユーザー

nano このユーザーの他の記事を見る

話題作りが出来るような新鮮な情報を発信していきます。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス