スケジュール帳のタイプはいろいろある♡

9月といえば手帳の発売が始まる時期です。新しい手帳を選ぶのにはとても時間がかかりませんか?毎年同じものを買うタイプの人と、使ってみたもののよくなかったと感じて選ぶことに慎重になっている人といると思います。

そこで、お仕事をしている人に人気の手帳シリーズを集めてみました!

広げると大きくなって見渡せる手帳「超整理手帳」

一度使い始めたらやめられないというリピーター続出の「超」整理手帳は、変わった形をしているのが何よりも注目ポイントです。書き込むスペースは一か所だけですが、週単位で見ることも、月間単位で見ることも広げたり折りたたんだりするだけでOK!サイズも小さいためビジネスマンにはもってこいかも♡

「手帳は高橋」リシェルが付いたタイプがオススメ♡

パッと○月といわれて、すぐに開ける「リシェル」が付いたタイプは仕事をしている人にとっては必須条件ではないでしょうか?私も手帳を選ぶときは、必ずリシェルがついているタイプを選びます。

また、手帳は高橋というキャッチコピーは素晴らしく、最高に使いやすいと思えるタイプに必ず出会えるといっても過言ではないほどの種類にびっくりします。本屋さんなどでも沢山取り扱っているので要チェックです♡

ジブン手帳は夢をかなえるビジネスにも最適♡

用途に合わせてレフィルを追加して翌年に持ち越せるタイプの自分手帳は、時間の管理やスケジュールが決まったフォーマットに沿って書くことができるため、手帳のメモがご茶ついてしまいやすいと感じる方にオススメ♡色々なレフィルがあり、追加して挟むだけで使用できるため翌年にも持ち越せるのがメリットです♡

ほぼ日手帳の愛される理由は「書き込みスペースの多さ」

ほぼ日手帳の人気の理由は、色々な書き込みスペースの多さや手帳のフォーマットの種類が多くリピーターを呼んでいるようです。スケジュール管理が難しい方や、日々の出来事が沢山あってメモをよくするタイプの方には、こちらの手帳がオススメです。

手帳自体がちょっと分厚くなりますが、沢山書き込める点がポイントです。

薄さを第一に考えた「超うっすい」手帳ならこれ!

手帳を持つのが面倒だけれど、ないと困るというビジネスマンにオススメなのがこちらの「超うっすい」手帳です。わずか7ミリという厚さは驚異のサイズだと思います。これならば、鞄に入れてもかさばることなく持ち運びも便利です。

受験生必見?!合格するための手帳もあった!

受験を控えたお子様にプレゼントとしてもいいかも?こんな手帳もあるんだ!と感じられる驚きの逸品です!

▼関連リンク プチプラのスケジュールスタンプ

この記事を書いたユーザー

ぽんたす このユーザーの他の記事を見る

山の麓に移住しスローライフを楽しみながら記事を書くWebライターです。
お役立ち情報など、色々な話題を発信中!

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 社会問題
  • 動物
  • ライフハック
  • 育児
  • 暮らし
  • 美容、健康
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス