女性なら誰でもサラサラのストレートヘアに憧れを抱きます。例えば安室奈美恵さんのような綺麗な髪の毛♥

しかしながら、ヘアーアイロンのかけ方によっては、髪に強いダメージを与えてしまうのも事実です。泣  そして、痛んだ髪の毛ではサラサラのストレートヘアは実現しません。

ですから、ダメージを最小限に抑えるために、正しいヘアーアイロンのかけ方を意識することはとても美髪への第一歩として大切です!!

ヘアーアイロンを使用する前に!ぜひ気を付けていただきたい事!!それは、、、

ヘアーアイロンは必ず乾いた髪に!!


髪に水分が残った状態でヘアアイロンを使用すると、その水分が蒸発するときに髪の毛の中にある水分まで一緒に蒸発してしまいます。じゅわ〰><

それはヘアーダメージの一番の原因になりますので、しっかりとドライヤーで根元から乾かすことを意識するのですw  だいたい80%くらい髪が乾いた状態で使用することがベストです。特にヘアオイルなどの保湿剤を事前に使用することをお勧めですね♡

ドライヤーでブローした後は、クシで丁寧に梳かしましょう!

絡まった髪の毛にヘアアイロンをかけてしまうと熱が均一に伝わりません。そのため部分的に強いダメージを受けることになってしまいます。それを避けるためにも、ヘアアイロンの前は髪の毛を丁寧にとかして、サラサラの状態を心掛けて下さい。

ヘアアイロンを使用するときの注意点!!!

1、繰り返し同じ部分にあてないようにしましょう


髪の毛に摩擦が生じるとキューティクルが剥がれ落ちてしまいます。ぽろぽろ。。。同じ部分にヘアアイロンを繰り返し使用することはとても危険な行為なのです。ヘアーアイロンを使用するときは各部位に2、3秒ずつが適切です。

2、サラサラストレートヘアを実現させるヘアアイロンのかけ方

ヘアーアイロンは短時間で効率的に使用することが大切です。髪の毛の根元からゆるく挟むように心掛け、毛先に向けてするすると移動させてください。スルスル〰♪強い摩擦は禁物ですから、髪を引っ張るようなかけ方は絶対にNGです!

3、ヘアアイロンは週に2回まで!

ヘアーアイロンを使い始めると、乾燥→広がる→ヘアアイロン→ダメージ→乾燥…のループが始まってしまいます。その悪循環から抜け出すためにも、週に一日でも使用しない日を増やすように心掛けましょう。

どうしても毎日使用したい…と言う方は、もしかしたら美容院でストレートパーマをかけてもらった方がいいかも知れません。それほど、ヘアーアイロンの常用は髪への負担になるということを忘れないでくださいね。

4、最後は冷風で仕上げましょう

髪にこもった熱を散らすために、ヘアーアイロンの後はドライヤーの冷風で仕上げましょう。冷風を当てることによってキューティクルも引き締まります。キュッ!

このとき、根元から下へ流すように風を当ててあげるのがポイントです。冷風を当てるだけで、サラサラ感は断然増しますし、よりストレートを長持ちさせることができます。

勿論ヘアーアイロン後は十分なケアをお忘れなく!!

ヘアアイロンによるダメージを最小限に抑えるためにも、終わった後のケアは重要です。毛先を中心にしっかりと保湿剤をなじませてください。保湿剤はとくにオイルがお勧めです。

毎日のケアとして、シャンプーの後はきちんと乾かしてから寝ることを心掛けましょう。目指せ美髪サラサラ〰♪

この記事を書いたユーザー

みほみほ このユーザーの他の記事を見る

二児女の子育児中の30代ママです!!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス