なるべく上手にデートを断る方法を…。

Licensed by gettyimages ®

いきなりですが、自分の思うように行かないのが恋愛だと思いませんか。それが恋愛の醍醐味であって良いこともあれば、悪いことあると大半の方が経験されていることでしょう。

恋愛感情が沸かない異性からのお誘い。

Licensed by gettyimages ®

今回はその中から「恋愛感情の沸かない異性からデートのお誘いを受けた場合の上手な断り方」に注目してみることにしました。恋人や結婚をしていれば、パートナーがいるとの旨を伝えればいいのですが、特定のパートナーがいないと知られている学校・仕事関係のつながり等は悩むところですものね。

相手を傷つけない断り方あるのか。

Licensed by gettyimages ®

そんな場面に出くわしたときに誰しもが思うことは「なるべく相手を傷つけないような断り方をしたい」ということ。そこで特別にモテた記憶はありませんが、人並みに恋愛経験を積んだつもりの私が言えることは「相手を100%傷つけないデートの断り方など存在しない」ということです。

それでも、相手の傷を浅くすることは可能かと…。

Licensed by gettyimages ®

そこで思うことは100%は無理でも相手の面子や傷を少しでも浅くすることは可能だということ。築き上げた人間関係を崩さず、のちにクスっと笑えるような淡い思い出のひとつにすることくらいには出来るのではないでしょうか。しかし相手との関係性に注意は必要です。そこで私はある程度のコミュニケーションを図っている方との間に起きたことと捉えて話を進めていきたいと思います。

~嘘・ジョークだと分かりやすい断り方をする~

Licensed by gettyimages ®

そこで私が考えた作戦は「日本人が察しの文化を持っていること」を活かすということです。これは相手の気持ちを悟って行動が出来る国民性を活かして「分かりやすい嘘・ジョークで勘付いてもらうというデートの断り方」です♡

いたずらがバレた子供のような表情を浮べて…。

Licensed by gettyimages ®

そこで大事なのは相手に分かりやすくクスっと笑ってもらえる冗談を口にしましょう。そして、文末に申し訳ない気持ちを表情に込めてはにかんだ会釈等で気持ちを汲んでもらうことを忘れずにいてください。

ちなみにこんなはっきりと断っては絶対にダメ!!

Licensed by gettyimages ®

はっきりと言葉に出して「ごめんなさい」と口にすると「相手の自尊心が傷つく可能性が高く、リスクも高い」と思うので…。敢えて、そこは口に出さずに表情で断るという配慮を心がけましょう。

いい意味で演技力を…。

Licensed by gettyimages ®

相手の気持ちに答えることが出来ずにまた、人間関係を壊さずに断るとなるといい意味での演技も必要になるかと思います。分かりやすい冗談を言うことで気付かせることは難しいですが、中途半端に流すして先延ばしにすることは相手にとっても自分にとっても後々、首を絞めることになると思うのでこれは大事なことだと思います。

また、嘘を重ねてもいけません。

Licensed by gettyimages ®

断る文言に受け流すだけの嘘はダメです。その日は予定があるなんて言ってしまうとまた誘われてしまいますし、あくまで嘘ではなく分かりやすい冗談を使いましょう。そうでなければ、自分の首を自分で絞めることになってしまいます。

ここでなるべく傷つけない断り方の例を挙げましょう。

Licensed by gettyimages ®

「今度の週末、二人っきりで食事/映画でも観に行きませんか。」

「あぁ~私、その日から風邪を引いて寝込む予定なんですよ(;′Д`)ノ(笑)。それに妄想で付き合っているバーチャル彼氏が看病してくれる予定なので~(●´艸`)。」

「ここだけの話ですが…私は契約上、恋愛禁止で~(ノД`)。もし週刊誌に写真でも撮られたら、応援してくれるファンの皆様にも迷惑がかかってしまいますしね(笑)。夢を売る商売も大変なんですよ~。」
と分かりやすくて相手が苦笑いしてしまいそうな冗談を言った後に先に述べた申し訳ない気持ちを込めた会釈をしましょう。

ここまですれば通じるはず。

Licensed by gettyimages ®

これだけの冗談と申し訳ない表情を浮かべて会釈をすれば、鈍感な方でも気持ちは通じてそれ以上、踏み込んで来ることはないはずです。

なお、口に出さずに断るのが難しいと思うならば…。

Licensed by gettyimages ®

演歌歌手が歌い終わった後のように口パクで「申し訳ありません」・「ごめんなさい」と言いましょう。相手のダメージを視覚だけで抑えるためにもなるべくそこは声に出さずに言えるといいのですが…。

最後にそれでも察してくれない人には…。

Licensed by gettyimages ®

それでも気持ちを汲み取ってくれない方は能天気のナルシストか自己中心的な方なのではっきりと言葉に出して断りましょう。そのような方々は多少、傷ついてもすぐに立ち直るので心配はいりません(笑)。

追々、笑い話になるように…。

Licensed by gettyimages ®

恋愛の失敗はいずれ乗り超えられるものです。しかし、一歩間違えた断り方(振り方)をすると人間関係に亀裂が入ってしまうのは確かなこと。その後の相手との関係性を見極めて誠実な心を持ち、更に相手の自尊心を保ったウィットに富んだ断り方を心掛けましょう。なお、察してくださいの表情をしっかりと浮かべないと大失敗してしまうので気をつけてくださいね。

最後に断った自分を責めないで…♡

Licensed by gettyimages ®

最後にお誘いを断るということはとてもパワーを使うことですから、相手の良さを知っているときには恋愛感情が抱けない自分に対して罪を感じて変に落ち込むこともあるかと思います。そんなときにはあんなに良い人の瞳に輝いて映った自分をしっかりと褒めてあげましょうね♡

この記事を書いたユーザー

♡miran♡ このユーザーの他の記事を見る

なるべく笑顔でいたいA30・Single女子♡。日常生活にHappy&Funnyをちょい足しすることが得意です♡美容からお財布に優しいお買い物(プチプラ)まで幅広く皆様にお伝え出来ればと思います。ほぼ毎日、個人的なことはAmeba Blogも更新しています。
「みらんのランランルンルン日記」 http://ameblo.jp/open-the-drawer/

得意ジャンル
  • インテリア
  • 話題
  • マネー
  • ライフハック
  • おでかけ
  • 暮らし
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • ファッション
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス