日本でもすっかり身近になったLCC(格安航空会社)。旅行先として国内トップクラスの人気を集める北海道にも、今や日本各地から気軽に出かけることが可能になってきました。

そこで今回は北海道内で最もLCCの路線が豊富な【新千歳空港】から車で行ける、ハズレなしの「北海道の道の駅」ベスト5という形式でまとめてみました。

選定基準は北海道に住んでいる私が実際に現地へ行った上で自信を持って薦められる”施設自体の充実度””空港からの行きやすさ”、そして”景観や道の駅までの実際のドライブルートの美しさ”。ぜひ次の旅行計画にお役立てください!

1・望羊中山

出典筆者撮影

住所:虻田郡喜茂別町字川上345番地
車でのアクセス:新千歳空港/約1時間50分、札幌/約1時間、小樽/約1時間30分

札幌とルスツリゾート方面を結ぶ国道230号沿い、中山峠の頂上にある「望羊中山」。ご当地グルメの一つ・あげいもが食べられることでも有名ですが、景色も大きな魅力。実はNHK連続テレビ小説「マッサン」にも登場した羊蹄山を見ることができる、絶好のビューポイントでもあります。

<新千歳空港からのルートは…>
大きく分けて2パターンあり、一旦北上して札幌方面を通るルートか、千歳方面から支笏湖を抜けて進むルートがあります。目的にもよりますが、日帰り希望であれば日中のうちに景観をゆっくり楽しめる支笏湖方面から回った方が、より北海道らしい旅になるかと思います。

2・ニセコビュープラザ

出典筆者撮影

住所:虻田郡ニセコ町字元町77番地10
車でのアクセス:新千歳空港/約2時間、札幌/約2時間、小樽/約1時間30分

最近は一大スキーリゾートとして外国人からの人気が非常に高いニセコ町。その中に位置する「ニセコビュープラザ」は、羊蹄山麓でとれた新鮮な農産物が毎日豊富に、そして安価で販売されています!その美味しさは地元の北海道民でも唸るほど。2014年には旅行ポータルサイト・フォートラベルの道の駅ランキングでも全国第3位に輝いています。

<新千歳空港からのルートは…>
今回ご紹介している中では新千歳空港から一番遠いのがこのニセコ町。ただしっかりスケジュール管理できる方であれば、実は日帰りも可能な圏内です。ちなみに位置的には小樽が近いので、ドライブのゴール地点をあらかじめ小樽駅に設定しておけば、帰りは快速電車(所要時間:約1時間30分)で空港まで戻るという選択もできます。

3・花ロードえにわ

出典筆者撮影

住所:恵庭市南島松817-18
車でのアクセス:新千歳空港/約30分、札幌/約1時間、小樽/約1時間(※高速利用)

札幌と新千歳空港のちょうど中間に位置する恵庭市の道の駅「花ロードえにわ」は、名前の通り”花”で彩られたレンガの建物がとても印象的。中のベーカリーでは町の名産であるかぼちゃを使用した焼きたてパンなどを楽しむことができ、パン好きの方には特にチェックしてほしい道の駅の一つ!

<新千歳空港からのルートは…>
上にもある通り、ちょうど札幌~新千歳空港間の通り道にあるため、どんなドライブルートにも対応可能なのがこちらの道の駅。空港発だと北上する形になるので、札幌・小樽方面の旅行を考えている方が一番組み込みやすいスポットかもしれません。

4・ウトナイ湖

出典筆者撮影

住所:苫小牧市字植苗156番地の30
車でのアクセス:新千歳空港/約20分、札幌/約1時間(※高速利用)、小樽/約1時間(※高速利用)

新千歳空港からほど近い苫小牧市にある道の駅「ウトナイ湖」。なんと国指定鳥獣保護区の中にあるこちらでは、道の駅の中からウトナイ湖を一望することが可能!!一年を通してバードウォッチングも楽しむことができるなど、新千歳空港周辺では珍しい自然体験型の施設になっています。

<新千歳空港からのルートは…>
今回紹介している中で、一番空港から近いのがこの「ウトナイ湖」。空港を起点にするとちょうど南下していく形になります。道の駅のある苫小牧市は道南方面の分岐点にあるため、ここからは海の幸に恵まれた白老~室蘭・洞爺湖方面、もしくは馬産地として有名な日高方面に向かうことが可能になっています。(※どちらも高速利用可能)

5・だて歴史の杜

出典筆者撮影

住所:伊達市松ヶ枝町34番地1
車でのアクセス:新千歳空港/約1時間20分(※高速利用)、札幌/約2時間(※高速利用)、小樽/約2時間(※高速利用)

室蘭や洞爺湖から近い伊達市にある道の駅「だて歴史の杜」。こちらは2012年オープンと比較的新しい道の駅で、広い屋内では海、山、湖と豊かな自然に育まれたこの地域の特産品をゆっくり購入することが可能です。併設のイートインコーナーでは地元で愛されている”ハンサム焼き”を購入することができ、これを目当てにやってくる人も年々増加しています。

<新千歳空港からのルートは…>
上のウトナイ湖(苫小牧)から始まる白老~室蘭・洞爺湖方面のルートにあるのがまさにこのエリア。ちなみに新千歳空港発であれば、支笏湖~洞爺湖~有珠山を眺めながらのドライブも可能になっています。伊達市まで到達すると結構距離がありますが、このあたりは高速道路が使えるため、その利用を意識したスケジュールにすれば日帰りも可能になります。

こちらの記事も読まれています

この記事を書いたユーザー

小娘 このユーザーの他の記事を見る

twitter→ @drifter_2181 / 1983年生まれ。北海道在住。2012年にブログ「小娘のつれづれ」をスタート、2014年からはフリーライターとしても活動。デビューから応援しているアイドルの再評価をきっかけに、新規 / ライトファンを意識したエンタメ記事を日々研究しています。

得意ジャンル
  • 音楽
  • 話題
  • テレビ
  • カルチャー
  • エンタメ
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス