あの「かっぱ寿司」の新業態で9月18日に青山に一号店が出来た「鮨ノ場」(Sushi-Nova)。従来の回転寿司ではなく「回らない」寿司屋で、11月までに3店舗が新たにできるといいますが、どんな寿司屋なんでしょう?!

《回らないお寿司「Sushi Nova」ってどういう意味?!》

お寿司の写真を一見して、「可愛い!」「新しい!」「美味しそう!」とテンションが上がってしまうお寿司、それが「Sushi Nova」です。Novaとはラテン語で「新しい」を意味します。それを「鮨ノ場」と漢字に当てているのも新しい!行ってみたくなる店です。

《「回らない寿司」ってまさかカウンター?!》

「回らない寿司」というと寿司よりも「鮨」と書き、写真のような高そうなお店を想像してしまいます。「鮨ノ場」はカウンター席があるには違いないのですが、カウンターの席の前には「ベルトコンベア」があるんです!なんでも最近は「回る寿司」タイプのベルトコンベアから効率のいい、この回らないタイプへのシフトがじわじわと進み始めているのだとか。

《注文するときはどうやって注文するの?!》

実はカウンターの前にあるベルトコンベアは2段式になっており、タッチパネルで注文すると、上の段に寿司、下の段にはサイドメニューが流れてくるようになっています。寿司の準備が完了すると「シャーーーッ!!」と爆即輸送で注文した人のところでぴったり止まるので気持ちいいです(笑)。

《「鮨ノ場」メニューの特徴は?!》

「鮨ノ場」では120円~420円までの6つの価格帯と通常の回転寿司に比べると「ちょっとだけ」お高い価格設定。でも場所が世界的に見ても1,2を争うファッショナブルな青山なので、納得でしょう。「鮨ノ場」の特徴は写真のように「野菜の寿司」があること。ベジタリアンの多い外国人やビーガン志向の女性にターゲットを合わせているのでしょうか。それでいて普通の寿司も食べられるので連れがベジタリアンでも安心です。

飲み物もオシャレですねえ!!

《まさか「パプリカ」が寿司に乗るなんて!!》

料理に彩りを添えるのに重宝な「パプリカ」。まさか寿司に乗るとは思っても見ませんでしたね。まったくの生ではなく若干茹でてあるような食感です。トッピングにはケッパーが乗っておりほんのり塩味のアクセント。赤パプリカと並べると非常にカラフルです。

《「生ハム」で巻かれたアスパラとオクラの寿司》

筆者が最初にカリフォルニア・ロールの「アボカド巻き」を見たときは非常にショーゲキでした。日本の伝統である寿司が海外ではこんなにカジュアルに食べられている!と思うとちょっと軽い怒りさえも覚えました。でも寿司を決して敷居が高い食べ物ではなくカジュアルに食べさせることで、みんなに愛されることはいいことです。オクラもアスパラもついに生ハムで巻かれて寿司に乗りました。もう寿司に何が乗ろうが怖くないぞ、といった感じです。

《めちゃくちゃカラフルな「彩りサラダ軍艦」》

実は「サラダ軍艦」の発祥はここ「かっぱ寿司」なんだそうな。手巻き寿司が出てきてシーチキンにマヨネーズを使うようになってから市民権を得たこの「サラダ」という種類の寿司。カロリーは他の寿司よりも高いでしょうが筆者は嫌いではありません。「鮨ノ場」の「彩りサラダ軍艦」はとってもカラフル。ベースとなるのは従来のサラダ寿司でトッピングに乗っているお新香が彩り豊かです。

《「野菜五貫盛り」をとっても420円!》

アスパラ生ハム巻き、パプリカ赤、オクラ生ハム巻き、わさびなす、そして彩りサラダ軍艦の見た目にもカラフルな五貫が420円!外国人のベジタリアンにもウケそうですね。アクセントとしてプチトマトが添えられているのが可愛いです。

《「魚介系寿司」も他とはちょっと違うラインナップ》

出典 http://www.susinova.com

サーモンチーズジェノベーゼ240円

出典 http://www.susinova.com

海老アボカド240円

出典 http://www.susinova.com

ホタテマヨペッパー炙り120円

出典 http://www.susinova.com

なんだか「普通の寿司寄り」の寿司を見るとほっとします(笑)イカおくら軍艦120円

《「汁物」も180円で超豪華!!》

出典 http://www.susinova.com

海老がごろごろ入った汁がなんと180円!他にアラ汁や「あおさ汁」蟹汁、アサリ汁もありすべて180円です。つい頼んでしまいそうな価格設定が絶妙ですね!!

《注文すると下のレーンを走ってくる!「おつまみ」も充実!!》

出典 http://www.susinova.com

刺身の盛り合わせや揚げ物、サラダ、ローストビーフなどおつまみも充実の「鮨ノ場」。鮨の安さの割りにちょっと割り高感は否めませんがラインナップの充実さに負けてしまいます。筆者がつい頼んでしまいそうなおつまみは「魚の竜田揚げ」です。

《こちらも大充実の「デザート」》

「鮨ノ場」のデザートは全8種類。写真は「さくらんぼのレアチーズケーキ」ですが、ケーキ3種、杏仁豆腐2種、プリン2種、そして大学芋までがラインナップ。寿司をお腹一杯食べようがデザートは「別腹」という言葉が頭をよぎります。

いかがだったでしょうか?「野菜の寿司」に加えて「サーモンジェノベーゼ」などの変わり寿司。青山というオシャレな一等地のロケーション。ちょっと外国人の友達を連れて行くにも喜ばれそうですね!!

鮨ノ場 青山オーバルビル店東京都渋谷区神宮前5-52-2 青山オーバルビル1F
営業時間:10時~23時 ラストオーダー:22時30分
お持ち帰り:可能
お支払い方法:現金・クレジット・電子マネー可

この記事を書いたユーザー

zuenmei このユーザーの他の記事を見る

公式ライター。食べること、踊ること、アジア大好きです。わかりやすい記事を目指します!よろしくお願い致します。instagram: https://www.instagram.com/zuenmei/

得意ジャンル
  • インテリア
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • ライフハック
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • 暮らし
  • カルチャー
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス