出典shutterstock

毎日のように使う文房具はできるだけ安く、質のよいものを買いたいですよね。さらに痒いところに手が届くような便利さがプラスされると、仕事もはかどります。
そこで、100円ショップで手に入る、便利でお得な8種の文房具をご紹介します。以下の文房具は、普通のお店より100円ショップで買う方がお得です!

■1:中とじができる“まわるホッチキス”

一見なんの変哲もないホッチキスですが、針を刺す部分が回転するのが特徴。普通はホッチキスで留めると針が横向きになりますが、回転することにより縦向きに留められるので、本のような「中とじ製本」ができるのです。資料などをまとめて、ちょっとした冊子をつくりたいときに便利ですよ。

■2:デスクに貼れる“テープカッター”

デスクの上にあると、意外に場所をとるのがテープカッター。でも、このテープカッターなら2つの強力な吸盤で、デスクの引き出し部分などにつけられます。大小どちらのテープにも対応しているので、いま持っているテープをそのまま使うことができます。家でも冷蔵庫などよく使う場所につけておけばさっと使えそうですね。

■3:ファイルに綴じられる“蛍光カラー付箋”

消耗品である付箋も、100円ショップでならお安く手に入ります。この付箋はなんと600枚セット。ファイリングできるよう2穴になっているので、仕事のファイルや手帳に挟んでおけば、なくす心配もありません。セロファンのような素材で粘着力もバッチリです。

■4:ペットボトルも簡単に切れる“分別お役立ちハサミ”

刃のかたちが特徴的なハサミは家庭に1つあると便利。ペットボトルや牛乳パックなど立体的なものがスムーズに切れるように設計されています。さらに刃がギザギザになっているので、ペットボトルなど固いものでもスムーズに切れますよ。

■5:ガムテープがきれいに切れる“マルチカッター”

こちらも家庭で使いたい便利グッズ。この1つにひもを切るカッターとガムテープを切るカッターの両方がついています。
ひもは刃の部分に引っかけるだけで切れるので、力を入れなくても簡単。ダンボールに貼ってあるガムテープを切るときはボタンをスライドさせると刃が少しだけ出るので、切りすぎることがありません。

■6:伝言やTo Doリストに“ホワイトボードノート”

メモ帳や付箋などを使ってTo Doリストをつくっている人も多いかと思いますが、このノートなら立てて置けるので目につきやすく、やり終えたことは消していくだけでOKです。
横罫、縦罫、白地の3パターンがあるので、伝言やちょっとした打ち合わせでのメモなど色々な用途で使えそうです。

■7:普通のメモがふせん代わりになる“貼って剥がせるのり”

1度塗りではしっかり粘着しないのりなので、普通の紙に書いたメモを手帳などに貼って付箋代わりに使うことができます。
人からもらったメモや会社に提出する領収書など、手帳に仮止めしておくのも便利だと思います。2度塗りや、両面に塗ることで普通ののりのようにしっかり粘着させることもできます。

■8:曲面にもまっすぐ線が引ける“やわらかものさし”

ぐにゃぐにゃとまがる素材でできている定規。そのまま使うこともできますが、曲面にもまっすぐ線を引くことができます。
分厚い辞書やテキストに線を引くときもガタガタしませんし、2つに折って筆箱などに収納することも可能です。

100円だからといって、なかなかあなどれない文房具ばかり。気になるものがあれば、ぜひ試してみてください。
(文/平野鞠)

この記事を書いたユーザー

Suzie編集部 このユーザーの他の記事を見る

女性が「こんなの知らなかった」と思える、数字のお話をお伝えしていくWebメディア。お金や時間の記事を中心に、カロリー、給料、残業、IQ、慰謝料、体温、人数などの数字トリビア記事を配信中。普段気付かない、意外な発見と驚きの数字が満載です。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス